« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

6月のお庭

梅雨の季節、日陰でも白い花びらが目を引くドクダミのお花

P1100211bg

ツツジもこんもりと咲き乱れています

P1100212bg

ビデンス(ウインターコスモス)は11月頃までと開花期が長いことに
なっていますが・・・

P1100251bg_2

我が家で一番多くの花を咲かせてくれる中輪の赤いバラです

P1100252bg

ホワイトクリスマス(薔薇)は開花期が一番長いように感じます

P1100254bg

キスミーブルーはだいぶ弱ってきました・・・心配です

P1100256bg

ブルースター 昨年に比べ、今年は細々と咲いています

P1100280bg

ルリマツリモドキは繁殖力が旺盛です

P1100281bg

ピーマンのお花が次から次へと咲きだしました。収穫が楽しみ!!

P1100255bg_4

ゴーヤのお花もいっぱい咲いて、毎朝せっせとミツバチが花から花へと
蜜のはしご(?)をしていますが、ゴーヤになる雌花の数が少ないですね

P1100267bg

ゴーヤの赤ちゃん第一号!!
お口に入るまでにはまだまだ時間がかかりそうです

P1100282bg

P1100285bg

梅雨の合間の陽射しを頼りに咲いてくれるお花に感謝の日々 heart04

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

2015美術館めぐり№7

もうすぐ今年も半分が過ぎようとしている6月27日上野へ

『ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし』 @東京藝術大学大学美術館

Img_0269_477x640

フィンランドの国民的画家による初めての回顧展です。
3歳の時に事故で左足が不自由になり、生涯杖を手放せなくなった彼女は
幼少時代より絵の才能を見いだされ、パリではマネ、セザンヌ、ホイッスラーなどの
影響を受け、ジャポニズムの流行も体験したそうです。

Img_0270_640x477

印象に残った絵のポストカードを描いた順に並べてみました。

art 雪の中の負傷兵(1880)

P1100482

art 妹に食事を与える少年(1881)

P1100479bg

art 快復期(1888)・・・フィンランド国宝級の作品といわれています

P1100514bg

art 日本の花瓶にはいったスミレ

P1100481bg_2

art 黒い背景の自画像

P1100518bg

シャルフベックはいくつもの自画像を描いています。
それは新しい絵画技法を試したり、画家としての姿やその時々の自分の心情を
記録する場でもあったようです。

|

2015年6月22日 (月)

ココログブログに戻ってきました!

2007年からはじめたブログ、やっぱりココログでブログを続けることになりました。

これからもひだまりっ子&愛猫ビッケをどうぞよろしくお願いします。

今年に入ってからの展覧会めぐりやお庭のお花、ビッケとの暮らしを

徐々にアップしますので、気長にお待ちくださいねI

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

第42回 東京薬科大学 公開講座と見学会

今年も公開講座で植物についていろんなことを楽しみながら学んできました。

P1100250bg_2

テーマ1:『やさしくわかる漢方の知識』 講師:山田 陽城 先生
「漢方薬は自身が有する自然治癒力を活用して全身状態を改善する
特徴を有しています。」という言葉が深く印象に残っています。
漢方薬の特徴、伝統的な5つの種類など理解しやすい内容でした。

テーマ2:『薬になる花』 講師:指田 豊 先生
植物が子孫を残すための方法である風媒花と虫媒花の説明から始まり
花の利用、薬になる花へと興味の尽きないためになるお話を沢山伺いました。

大好きなハーブについてもいろいろと教えていただきました。
カミツレの説明ではジャーマンカモミール(写真左)とローマンカモミール
(写真右)の違いなど、とてもわかりやすかったです。

P1100218bg_2

公開講座の後は、広いキャンパスに出てベンゼン池を左手に見下ろしながら
緩やかな坂道を登っていくと薬用植物園にたどり着きます

P1100222bg

bud ナタマメ

P1100223bg

bud キササゲ:利尿作用

P1100224bg

bud ヒレハリソウ(コンフリー):抗炎症・沈咳

P1100227bg

bud アマ:種子は亜麻仁油で有名になりましたね!

P1100229bg

bud セイヨウノコギリソウ:健胃・消炎・発汗・強壮・生理不順
我が家にもありますが、可愛い白い花なので鑑賞用になっています

P1100231bg

bud バシクルモン:葉はお茶に

P1100233bg

bud シロバナムシヨケギク(除虫菊):蚊取り線香や蚤取粉の原料

P1100235bg

bud クサノオウ:鎮痛・鎮痙

P1100237bg

bud アマチャ:甘茶の原料、甘味・矯味薬・口腔清涼剤

P1100238bg

bud ベニバナ:通経・駆瘀血
お花が咲いているところを見たいですね~

P1100240bg

bud ハマビシ:消炎・浄血・通経

P1100243bg

展示温室の中へ・・・

bud ・・・?

P1100244bg

bud ハマボウフウ(浜防風):沈咳・去痰

P1100247bg

bud ウォールジャーマンダー:芳香健胃

P1100249bg

再会した植物も沢山ありましたが、新しく生まれ変わった植物たちの
それぞれの笑顔には新鮮さが漂っていて良いものですね~heart04

お土産にミニトマトやピーマンの苗やウコン(根っこ)をいただきました。
感謝感謝の一日でしたm(__)m

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »