« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

5月のお庭からお花たちのささやき声が♪

新緑の季節には色とりどりのお花が咲き始め、殺風景だったお庭が
瞬く間に賑やかになってきました。
殆どのお花が無事に年を越し、再会できて嬉しいです(*^^)v

❀ミヤコワスレ

P1100110bg

❀スズラン

P1100111bg

❀平戸ツツジ

P1100132bg

❀フレンチラベンダー

P1100133bg

❀プリンセス・ダイアナ(クレマチス)
このお花だけは、とても欲しくて今年購入しました。
蔓性で鉢植えですが、成長が楽しみです♪

P1100136bg

❀サルビアスペルバ・メルローブルー

P1100146bg

P1100158bg

❀宿根ネメシア・アレンジホワイト

P1100150bg_2

❀ユーリオプスデージー

P1100155bg

❀コモンセージ (ハーブ:葉をお料理に利用しています)

P1100165bg

P1100166bg

❀キャットミント(ハーブ:野良ネコちゃんたちに人気があります!)

P1100187bg

P1100153bg

P1100154bg

❀カンパニュラ・アルペンブルー

P1100184bg

P1100185bg

❀ラミウス・マクラツム・ビーコンシルバー

P1100196bg

マルバストラム・ラテリティウム

P1100206bg

P1100207bg

P1100208bg

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

バラも元気に咲き始めました

❀中輪のピンクのバラ(名前不明)

P1100140bg

P1100151bg

❀ホワイトクリスマス

P1100130bg

❀中輪の赤いバラ(名前不明)

P1100142bg

❀キスミーブルー

P1100172bg

❀オードリーヘップバーン

P1100145bg

P1100147bg

❀安曇野

P1100143bg

P1100149bg

P1100156bg

❀ミニバラ(赤)

P1100161bg

P1100162bg

そして5月は「母の日」
亡き母には今年から白いカーネーション・・・
いえいえ私の心の中に生き続けている母にはやっぱり赤いカーネーションをheart04

P1100135bg

|

2015年5月26日 (火)

2015世界ネコ歩き写真展

『世界ネコ歩き写真展』 @日本橋三越本店で世界中のネコちゃんに
癒されてきましたheart04
ちゃんと写真を撮るための舞台装置?ができていて、もちろんこポスターの
前で camera 記念撮影してきましたよ~(=^・^=)

Img_0259_480x640

動物写真家の岩合光昭さんは世界中の猫ちゃんたちをとてもチャーミングに
撮影されるので、TVでも大人気ですよね~heart02
そのお蔭で猫ちゃんブームを実感しているのは私だけでしょうか・・・cat

数年前にもこの同じ場所で開催されたネコ展、あの時も今と変わらず
イモ洗い状態の中で魅力あふれるネコちゃんの写真を見ました。
相変わらずの大人気!ネコちゃんたちは永遠のスターですね shine

展覧会のページをツイートしたら、こんな可愛いクッキーがもらえました。
飾っておきたかったのですが、賞味期限内にお口に入れました delicious

P1100204bg

世界中のネコちゃんたちもそれぞれ魅力的ですが、
我が家のビッケはやっぱり最高 heart03

|

2015年5月18日 (月)

2015美術館めぐり №6

art ルーヴル美術館展~日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄~
  @国立新美術館
  オランダの画家フェルメールが残した全作品約30点のうち男性を描いたのは
  2点で、そのうちの1点は『地理学者』(2011年春に鑑賞)、そしてもう1点の
   『天文学者』が待望の初来日といことで話題になりました。
  16世紀初頭から19世紀半ばまでの約3世紀半にわたるヨーロッパ風俗画の
  展開を、ルーヴルの約80点の珠玉の名画で紹介されていました。

P1100173bg

book 図録を見ながらお家でもう一度感動 sign03

*コローのアトリエ* ジャン・バティスト・カミーユ・コロー
右手に楽器を持ちながら、画家の描いた風景画をじっと見つめながら
どんな思いを巡らせているのでしょうか?ふと気になる絵です。

P1100174bg

*アトリエの情景* オクターヴ・タサエール
孤独で行き詰まった芸術家が暖炉にぐったりともたれかかっている様子。
床のジャガイモから、暖炉の火にかけられているのは質素な食事、
けれども白いネコちゃんが暖をとりながら慰めてくれているようですね。

P1100175bg

*猿の画家* ジャン・シメオン・シャルダン
当時人間の愚行を猿に託して描いた絵が流行したそうです。
シャルダンは理想化された石膏像を学習する猿の姿を通して、硬直した
アカデミーの教育を皮肉ったとも考えられているそうです。

P1100176bg

*チェス盤のある静物* リュバン・ボージャン
装飾的な中に、うまく五感を表現している絵だそうです。
リュート属の楽器や楽譜(聴覚)、カーネーションのお花(嗅覚)、
パンとワイン(味覚)、壁に掛けられた鏡(視覚)、
そしてトランプカードや硬貨の入った財布やチェス(触覚)
いろいろと楽しめますね♪

P1100179bg

*割れた水瓶* ジャン=バティスト・グルーズ
グルーズは風俗画を歴史画の位置に格上げしたフランスにおける唯一の
芸術家だそうです。
フランス語の諺に「甕(かめ)をあまり泉へ持って行くと、しまいには砕ける」
一般的な意味は「あまりしばしば同じ危険を冒すと、しまいには失敗し、
命を落とすことがある」だそうです。
淋しそうな少女の目が訴えているものは・・・

P1100180bg

身分や職業を異にする様々な人々の日常が生き生きと描写されていて
ルーヴルの中の風俗画の歴史を一望できる展覧会でした。

|

2015年5月 9日 (土)

2015みどりの日らしく~♪

5月4日 みどりの日にはかねてから行きたかったこの日にふさわし場所
『多摩森林科学園』へ行ってみました。高尾駅から徒歩10分と便利なところです。
みどりの日には入園料が無料ということでラッキーでした!

P1100113bg

森の科学館の中では多摩の森の植物や動物の暮らしが紹介されています。
また、桜についての基礎知識から幅広い情報まで、更に自然林の魅力や
機能など、盛り沢山の内容で知識を深めることができました。

樹木園には16種の哺乳類が生息し、中でも沢山のムササビがいるそうです。
はく製として展示されているものが沢山ありました。写真はニホンジカのはく製です。

P1100115bg

cherryblossomサクラ保存林についての展示では、数ある桜の中でも目に留まったのが
平野神社の桜です。以前この近くで京の暮らしに親しんでいたことが懐かしく
思い出されます・・・

P1100118bg

P1100117bg

cloverかなり大きい木の上の方に咲いているのは藤の花でしょうか・・・?

P1100119bg

clover樹木園:7ヘクタールの広さの中に、国内外の樹木約500種、6,000本が
植えられています。

「人の役に立つ樹木」の中に紹介されている大きなホオノキです。

P1100120bg

P1100121bg

cherryblossomサクラ保存林:総数約1300本の桜が植栽されています。
❀佐野の普賢象❀
桜守で桜収集家の佐野藤右衛門氏が収集した京都地方にある有名な桜。
花の中から葉化した二つの雌しべが突き出し、その先端が反り返っているところが
普賢菩薩の乗った象の鼻に似ているところから、この名が付けられたそう です

P1100122bg

❀左近の桜❀

P1100123bg

P1100124bg_2

緩やかな上り坂を登りつめると、先ほど通った道が見渡せます。
緑一色となった景色、桜の咲く季節に再び訪れたいですね!

P1100125bg

❀タツナミソウ❀
緑に染まった中に、ひときわ紫色のお花の群集が目立ちました

P1100126bg

❀ヤブデマリ❀
白いお花が葉っぱに負けないように元気に咲いていました

P1100127bg

P1100129bg

P1100128bg

GW中でしたが、高尾山の方へ行く人たちが多いのでしょうか?
とてもゆったりと自然の豊かさ、緑の美しさを満喫でき、みどりの日に
感謝の気持ちがあふれ出てきました~heart04

|

2015美術館めぐり№4、5

お得意の美術館の梯子・・・まずは渋谷へ
art 「ボッティチェリとルネッサンス」~フィレンツェの富と美~
                 @Bunkamuraザ・ミュージアム

P1100197bg

ルネッサンスの巨匠、ボッティチェリの作品が国内史上最大規模で大集結した
奇跡に近い展示だそうです。どのお顔もうつろでちょっと淋しいような感じがしました。

お次は上野へ・・・公園を横切る途中ではちびっこ達のキュートな踊りで
盛り上がっていました♪ 「第1回東京舞祭り」だそうです

Img_0251_640x480

Img_0252_640x467_2

色んなスタイルの子供たちがリズムに乗って踊る姿に見とれながらも
目指すは東京国立博物館の表慶館

Img_0253_640x470

art 「インドの仏」~仏教美術の源流@東京国立博物館 表慶館

Img_0254_478x640

鑑賞後はいつでも感動を呼び起こせるように、図録を購入。
とてもボリュームがあり、重いです!!(表紙↓)

P1100199bg

P1100200bg

どの仏像も、お顔が優しく、心が和みました。

本日はじっくりと鑑賞、奥の深~い美術館めぐりでした

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

お散歩でお花めぐり

4月中旬、ご近所のチューリップ畑が気になり行ってみると
ミツバツツジも満開で心地よいお散歩になりました♪

P1100025bg

P1100023bg

4月26日は選挙投票日、近くの小学校が投票所になっているため校庭に入ることが
できました。大きな八重桜が丁度見頃を迎え、こんなに間近にうっとり~heart04

P1100058bg

P1100057bg

P1100059

母の眠るお寺では藤の花とツツジが満開でした

P1100063bg

P1100064bg

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »