« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

美術館めぐり№1と2月のお庭

2月22日『とことんみせます!富士美の浮世絵』@東京富士美術館で
歌川広重の「東海道五十三次」を中心に、喜多川歌麿、歌川邦芳らの作品や
上方の役者絵など、数百点にのぼる東西の浮世絵の世界を堪能しました。

0222p1100046

0222p1100047

価値ある西洋画の所蔵に加え、これら全ての浮世絵もこの美術館が
所蔵しているとは驚きです!

P1100198

版画の体験↑をしてみましたが、ますます作品を完成させる難しさを痛感しました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2月のお庭はまだまだ静か、土の表面が広く見渡せるのはこの時期ですね。
そんな中でも寒さに強く咲き続けてくれるのがパンジーやビオラたち

P1090982bg

P1090981bg

甲州小梅は昨年よりだいぶお花の数が減りました。どうしてかな?

P1090948bg

クレマチスアーマンディの蕾がいっぱい出てきました。今年も我が家の西側の塀を埋め尽くしてくれそうです!!

P1090949bg_3

チューリップの芽が出てきました

P1090951bg

そして2月22日はネコの日、我が家は毎日がネコの日(=^・^=)

P1090841bg

逆光を浴びるとますます黒いお顔の輪郭が不明確に・・・
ケージの上に乗って西日を浴びているビッケでした

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

世界らん展日本大賞2015

2月14日東京ドームで開催された世界らん展に行ってきました。
25回目の節目の展覧会に、沢山の素敵な蘭にめぐり会えて
心癒されました。
この展覧会に合わせて見事に咲かせるために、どんなに苦労を
重ねられたことかを思うと、栽培者の皆様に感謝感謝です!

P1090945bg

今年の日本大賞はデンドロビューム属スミリエ「スピリット オブ ザマ」です。
南太平洋の島が原産地で、保温管理が難しい品種だそうです。

P1090904bg

それぞれの美しさを醸し出しているらんのお花が勢ぞろいです。

P1090845bg_2

P1090849bg_2

P1090851bg

P1090852bg

P1090853bg

P1090854bg_5

P1090855bg

P1090856bg

P1090857bg_3

P1090858bg

P1090859bg_6

P1090862bg

P1090863bg

P1090864bg

P1090865bg_5

P1090866bg

P1090867bg

P1090869bg_3

P1090870bg_2

P1090871bg_2

P1090872bg

P1090875bg

P1090876bg

P1090877bg

P1090878bg_3

P1090879bg

P1090880bg_2

P1090881bg

P1090882bg

P1090883bg

P1090884bg

P1090887bg_2

P1090888bg_2

P1090889bg

P1090893bg_2

P1090894bg

P1090895bg

P1090896bg

P1090897bg

P1090899bg

P1090901bg

P1090902bg

✿海洋博公園 沖縄美ら海水族館
 水量14tクラスの迫力ある大水槽の中の南国の蘭の間をナポレオンフィッシュと
 カラフルな熱帯魚の仲間たちが優雅に泳いでいます。

P1090905bg

P1090906bg_2

P1090907bg

P1090908bg

P1090909bg

P1090910bg

P1090911bg

P1090912bg

P1090913bg

P1090914bg

P1090915bg

P1090916bg

P1090917bg

1947年エリザベス女王のご結婚の際のブーケのレプリカ

P1090918bg

✿オンシジューム アレクサンドレー  バッキンガム宮殿の蘭
   エリザベス女王の曽祖母アレクサンドラ王妃の結婚の際のブーケに選ばれたので
 王妃の名前がつけられました。その後ビクトリア女王の即位50周年記念祭、
 エリザベス女王の結婚式のブーケおよび60周年記念式典にも使われる
 英国王室ゆかりの蘭です。
 
 

P1090919bg

P1090922bg

P1090924bg

P1090927bg

P1090928bg

P1090929bg

P1090930bg

P1090931bg

P1090933bg

✿パフィオペディラム ロスチャイルディアナム King of Orchid ロスチャイルド家の蘭
  「蘭の王様」と呼ばれて銀行家・慈善家で有名なフェルディナンド・ロスチャイルドの
 
  園芸学における活動を称えて名づけられました。

P1090934bg

P1090937bg

P1090938bg

P1090939bg

P1090940bg

P1090943bg

P1090903bg

日本大賞の蘭をもう一度、目に焼き付けて会場をあとにしました

P1090945bg

P1090946

美しい蘭のお花たちに魅せられ、癒されながら外へ出ると、そこは澄み切った青空

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

2015年1月に旅立って

新しい年を迎え、ブログの更新が1ヵ月と10日振りになってしまいました。

ビッケが11月末に退院し、この上ない幸せを感じたのも束の間でした。
翌日には最愛の母が救急車で搬送され救急救命室に入院、その後懸命な
治療も空しく先月旅立ってしまいました。
雪の降る寒い日に、天に昇って行きました。

翌日、雪の残るお庭では、ガーデンシクラメンやパンジーが雪の中から顔を出し
「元気を出して!」と励ましてくれているように感じました。

P1090833bg

P1090834bg

P1090835bg

晩年籐工芸をやっていた母の作品が、我が家にいっぱいあります。
ほんの1部ですが、何を入れていいのやら・・・気長に思案中

P1090839bg

P1090840bg

お花の少ない季節、家の中ではカランコエが満開に!

P1090836bg

P1090837bg

そしてビッケは相変わらず週一回の通院に、自宅での1日おきの皮下輸液、
朝・晩の錠剤と粉のお薬の服用と、その2時間後の液体薬の服用を続けて
います。体調は良いようで、時々爆睡zzz…冬はまぁ~るくなって寝ますね♪

P1090832bg

母への感謝の気持ちを胸に、今年も美術館めぐり、良書に親しみ(乱読しがち
ですが)、お花を育て、愛でる気持ちを大切に、ビッケとの時間を楽しみ
世界の平和を願いながら暮らしていきましょう heart01

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »