« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

後期ネコ展とこども展(展覧会№8、9)&5月のお庭

5月17日 ふたたび渋谷の松濤美術館へ・・・「ねこ・猫・ネコ」展の前期と一部の
作品が入れ替わった後期の作品には、夏目漱石の描いた「あかざと黒猫」や
堂本印象の「母子」など心残りなく堪能できました。

続いて六本木へ・・・六本木ヒルズ森タワーの52階まで高速エレベーターに乗ると
あっという間に森アーツセンターギャラリーへ到着、ただし耳に刺激が少々・・・
「こども展 名画にみるこどもと画家の絆」

P1090527

同展は2009年にモネの睡蓮で有名なパリのオランジェリー美術館で開催された
「モデルとなった子供たち」展を日本向けに再構成した展覧会です。

19~20世紀の印象派の画家たちが、自分の子供を描いた作品が勢ぞろい!
愛情いっぱいに描かれた、無邪気な子供たちの姿や表情に心が和みました。
ちょっとユニークな絵もいくつかありましたが・・・
購入したポストカードはこちらです。

art (上)『遊ぶクロード・ルノアール』
  (右下)『道化姿のクロード・ルノアール』
どちらもルノアールが息子を描いたものですが、男の子なのに女の子風の衣裳や
道化師の格好をさせられて、クロードは嫌がっていたようです。

art (左下)『ジュリー・マネの肖像、あるいは猫を抱く』
こちらもルノアールの作品ですが、モデルは巨匠マネの弟ウジェーヌ・マネと
ベルト・モリゾの娘です。とても優しい目をしています。猫ちゃんも気持ちよさそう~
 

P1090468bg

art (左)『庭のウジェーヌ・マネとその娘』
  (右)『犬を抱く娘』
  どちらもベルト・モリゾが描いています。

P1090470bg

art (左)『ポーランドの衣装を着たクロード』 パブロ・ピカソ
  (右)『人形を抱く子供』 アンリ・ルソー
ちょっと変わった表現方法に戸惑ってしまいます。特に右側の絵は展覧会の
ポスターにも大々的に登場していて、印象的ではありますが、良さが???

P1090471bg

art ジェルメーヌ・ピショの肖像 シャルル・ブラン
   あどけない姿が可愛い過ぎます~♡

P1090472bg

初公開作品が沢山展示されていますが、その多くが個人像ということもあり
会場には作品目録が置いてありませんでした。
こどもの愛らしい姿を、じっくりと目に焼き付けてきました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

陽だまり時間が延長するにつれて、我が家のお庭は賑わいを増してきました。
5月のお庭のメンバーの殆どが宿根草で、毎年顔を見せてくれるとホットしますね。

✿チョコレートコスモス

P1090257bg

✿都忘れ

P1090263bg

✿チョウジ

P1090262bg

✿ナデシコ

P1090264bg

✿スズラン

P1090269bg_2

✿ネモフィラ

P1090272bg

✿ツツジ

P1090273bg_2

✿ラミウス

P1090447bg_2

✿サルビア メルロー

P1090464bg

✿コモンセージ
今年初めて花が咲きました。毎朝葉を摘んで、ピザ風トーストにのせています。

P1090457bg

✿キャットミント
ビッケは興味ないようですが、野良ちゃんたちはこのあたりに出没!

P1090458bg_2

キャットタイムもあるのですが、野良ちゃんたちに食べられてしまい
茎だけがわずかに残っている状態です。

バラのお花も次から次への咲き続けています。
次回にご紹介しますね。

ビッケは元気にしています。なかなか写真のモデルになってもらえず
チャンスを狙ってはいるのですが・・・

| | コメント (5)

2014年5月17日 (土)

第16回国際バラとガーデニングショウ2014

5月12日 大好きなバラと素敵なお庭に出会えるのを楽しみに rvcar西武ドームへ
今年はちょっと出遅れて11時頃に到着したら、駐車場はすでに満車 sweat01
駐車できなかった車は近くの神社の駐車場(有料)へ・・・

P1090412bg

16回となる今回は、国内外のバラやガーデンデザイナーさんたちが、それぞれの
“バラ色の人生”という表現にぴったりなライフスタイルを紹介していました。

圧倒される人、人、人
人混みの中で、お気に入りのバラやお庭を撮影する良い方法を模索中・・・

P1090411bg

今年のテーマ :  La Vie en Rose  ~バラ色の人生~

heart 赤毛のアンの庭

P1090277bg

P1090383bg

なんじゃもんじゃの木

P1090279bg_3

P1090280bg_3

村岡花子さんの書斎もありました。

P1090282bg

訳者 村岡花子さんの翻訳原稿(複製)や1909年(明治42年)の本

P1090284bg_2

heart モナコ公国公妃 グレース・ケリーの庭

P1090290bg

P1090294bg_2

P1090296bg

P1090297bg_2

ピンクの縁取りの上品で可愛らしさの漂ったバラが
「プリンセル・ドゥ・モナコ」です heart04

P1090298bg

P1090302bg_3

P1090303bg

P1090304bg

heart 不思議の国のアリスの庭

P1090306bg

P1090307bg

P1090308bg

P1090309bg_2

P1090310bg_2

プロプロヴァンスの庭をはじめ、素敵なお庭にうっとり~
心癒され、豊かな気持ちにさせてもらいました confident

P1090314bg

P1090315bg

P1090316bg

P1090317bg

P1090323bg

P1090325bg

P1090327bg

P1090289bg

P1090331bg

P1090342bg_2

P1090363bg

P1090364bg_3

P1090365bg_2

P1090366bg_2

P1090367bg_2

P1090368bg_2

P1090372bg_2

P1090373bg_2

P1090374bg

P1090375bg

P1090377bg

P1090378bg

P1090379bg_2

P1090391bg

P1090392bg

P1090393bg

P1090395bg

P1090396bg

P1090397bg

P1090399bg

P1090401bg

P1090403bg

P1090405bg

P1090406bg

P1090408bg

ステージでは、Eテレ「趣味の園芸」でおなじみのローズソムリエ
小山内健氏のトークで「和バラ誕生 ~FGローズが生まれる~」

P1090333bg

ハンギングバスケット部門 大賞

P1090380bg_2

P1090341bg

ハンギングバスケット部門最優秀賞は「ちいさな光」

P1090336bg_2

バラフロリバンダ鉢植え部門・・・大賞は「ペーパームーン」

P1090346bg_2

P1090347bg

「さらさ」

P1090349bg

ハイブリッドディーローズ 最優秀賞 「パレオ」

P1090352bg_2

ミニチュアローズ 「アフガンガール」

P1090355bg_2

フロリバンダローズ 「ラベンダー・ドリーム」

P1090358bg

フロリバンダローズ 優秀賞 「田毎の月」

P1090360bg

画家の名前のバラ
「エドガー・ドガ」

P1090369bg_2

P1090370bg_2

「マルク・シャガール」

P1090385bg

「フラゴナール」

P1090387bg

「ラ パリジェンヌ」

P1090389bg

香りのローズサロンでは、バラの香りに酔いしれてしまいました。
観賞するにも美しいピンクのバラが豊かな香りを放出させていました。
クレ・ド・ポーボーテ 「ローズシネルジック」 オードパルファム

P1090318bg

サントリーブルーローズ 「アプローズ」

P1090322bg

我が家のバラもだいぶにぎやかになってきました♪
バラの季節を満喫できる幸せに感謝の日々です(^^)

愛猫とともにバラ色の人生をおくれますように shine

| | コメント (2)

2014年5月 6日 (火)

2014ゴールデンウィーク ~季節を楽しむ~

5月2日 昭和天皇記念館へ
かつて国営昭和記念公園で、満開のチューリップやポピーを満喫したことが
ありましたが、この大きな公園のあけぼの口を入ると右手奥に花みどり文化センター
があります。3月8日北風が強く寒い日に仕事の関係で行った時の写真です。
5月2日には芝生も木々の葉も緑色に輝いていました。

640x479bg

640x478bg

センターの中に入ると色んな展示、販売がされていますが、そのまま進み
左手奥に昭和天皇記念館の扉があります。
昭和天皇御在位五十周年記念事業の一環として設置され、緑を愛された
昭和天皇の生物学御研究のお部屋の再現や、香淳皇后との懐かしい映像、
写真、ご遺品など昭和天皇ゆかりの資料が満載です。
国産初の御料車であるニッサンプリンスロイヤルが中央に展示されていて
迫力満点でした。

P1090498bg

お土産には菊のご紋章入り小銭入れを購入しました。

P1090499bg

記念館であらためて昭和天皇の偉大さを知ると、武蔵野陵への参拝の
気持ちが高まりますね。

5月4日 数年振りに御陵へ 我が家から車で15分ほどで到着

P1090210bg

あふれる新緑の輝きに目がまばゆいばかり

P1090240bg_2

池には鯉やオタマジャクシ、そしてアメンボウがす~いすい♪
秋には紅葉が美しい場所でもあります。我が家のもみじもここの生まれ maple

P1090212bg

P1090213bg

P1090215bg

昭和天皇墓地へ

P1090217bg

P1090218bg

右手の香淳皇后様がお眠りになっているところとの間には
昭和天皇が愛した大きなメタセコイアの木が天に向かってまっすぐに
成長し続けています。

P1090224bg

大正天皇の多摩陵へも
右手には貞明皇后陵があります。

P1090227bg

藤棚には白い藤と紫色の藤の2色のお花が咲き始めていました。

P1090229bg

巨大な松にはお花がいっぱい!!

P1090232bg

最近身近ではあまり見なくなったタンポポと綿帽子に、懐かしさを感じました。

P1090222bg

シャガの花の群生は大きな木々の木陰に多くみられますね

P1090226bg_3

ツツジやサツキが満開でした

P1090220bg

P1090234bg_2

P1090235bg_2

P1090236bg_2

P1090239bg_2

rvcar 帰りは浅川沿いを行くと、ふれあい端午まつりが開催中で
   こいのぼりが元気いっぱい泳いでいました。

P1090243bg

P1090246bg

P1090248bg

身近でのどかなゴールデンウィークを満喫できました(^_-)-☆

| | コメント (4)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »