« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

さらなる大雪!

2月14日(金)小雪が舞う中、遅延気味の電車でお仕事に~
降り積もってやまぬ状況に、早めの帰宅、最寄駅に着くとあたり一面雪国のよう~
人も車も殆ど見えず、吹雪で傘が重さを増すのに耐えながらの帰宅となりました。

降り積もった雪は、翌朝には私の腰の高さにまで到達していて、エアコンもお湯も
使えない状態、しまっておいた電気ストーブ2台を出して部屋を温め不安は増すばかり
雪かきしないと庭にも出れず、されど雪かきした雪の置く場所がありません!!!
途方に暮れながらも気になっていたエアコンやエコキュートの室外機をほじくりだすと
ファンの中まで雪が満タンに詰まっていて、ファンが回らない状態でした。
何とか雪を解かして家の中の温かさを保つことができました。

玄関を開けるとこんな感じに雪が押し寄せていました

P1080919bg

雪をかいてもかいても減るわけじゃなし、堂々巡りのような雪かきsweat01
植木は一部枝が折れ、地植えの植物は雪の下で絶えているのでしょうか
数日たつと雪が固まって、ハナカンザシの鉢植えを雪の上に置いてみても
沈みません。

P1080940bg

P1080943bg

雪が解けると、再び元気なストックは笑顔を見せてくれました

P1080893bg

P1080892bg

スイートアリッサム

P1080894bg

大雪でもものともせずに今までで一番元気に花数も多く咲いているのは
甲州小梅です

P1080944bg

P1080955bg

今回の雪かきに思いスコップを利用したためか、主人は腰の骨を折って
しまいました。私は筋肉不足のため、筋肉痛にもなりませんでした。

マイペースのビッケはもちろん床暖房でいつものようにぬくぬくすやすや~(=^・^=)

P1080870bg

Ipbk4bg

人生はニャンとかなる~を地でいっているビッケでした(=^・^=)

| | コメント (2)

2014年2月11日 (火)

小雪の後には大雪が!

2月4日(火)お庭はうっすらと冬化粧~パンジー、ビオラ、ストックのお花たちに
降り注ぐ白いベールはだんだんと厚みをおびて・・・

P1080897bg

あっという間にお花たちの姿を隠してしまうほどになりました。
でも、翌日にはお天気が回復し、雪かきをするほどでもありませんでした。

P1080901bg

ところが、2月8日(土)前夜半から降り始めたのか、朝から雪が深々と降り続き、
外出予定をキャンセルしました。窓の外は白く塗りつぶされる範囲がたちまち
広がり、それをただじっと見つめるばかり・・・
夜には40cmほどに積もり、吹雪も加わって玄関ドアを開けると雪のシャワーが
流れ込んでくるほどでした。
もみじの細い枝の上には、白いナポレオンハット型のように雪が積もりました。

P1080910bg

翌朝には50cm以上の積雪に!

P1080912bg_2

玄関からは出られない状態だったので、窓を開けて主人が長靴に履き替え
まず、濡れ縁の上に積もった雪をはらいのけ、それから雪かきを始めました。
そうしないと、外へは出られませんでしたsweat01

P1080913bg_4

愛車の上の雪を下しているところです。屋根つき駐車場に憧れます~♡

P1080918bg

いやがるビッケを雪の上に乗せて記念撮影をしようと思い、雪の上に乗せたところ
雪の中に沈んでしまい、心臓麻痺を起されたらと心配になり、断念。
3kgに満たない体重でも、柔らかい雪には重いのですね~snow

雪による被害が起こらないことを願っています

| | コメント (6)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »