« 松岡美術館(展覧会№18) | トップページ | 行楽の秋♪ »

2013年10月28日 (月)

芸術の秋 in 六本木(№19、20)

artアメリカン・ポップ・アート展(展覧会№19) @国立新美術館

個人所蔵としては世界最大級のポップ・アート・コレクションを築き上げた
ジョン・アンド・キミコ・パワーズ夫妻のコレクションの中から、絵画、彫刻、素描、
版画等の約200点により、アメリカン・ポップ・アートを総合的に紹介しています。
アメリカ本国の美術館でも実現していない、貴重な展覧会だそうです。

ポスターの作品はアンディ・ウォーホルの最高傑作『200個のキャンベル・スープ缶』
実際にはとても大きな作品(182.9×254.3cm)で、圧倒されました。

P1080684bg

ポップ・アートの一番の特徴は「身近なもの」を題材にしていることだそうです。
スーパーに並ぶスープの缶詰めでも芸術にしてしまう。芸術が持っている一面には、
それぞれの時代の象徴的なものが何であるかを見る人に訴えているという
こと、また、作品を見る人の見かた次第で、いろいろな解釈ができるということを
キミコさんはおっしゃっていました。
主に印象派に馴染んでいる私ですが、理解し難かったポップ・アートの魅力を
これから見出していけそうな気がしてきました。

P1080685bg

3枚のポストカードを購入しました。

*グレート・アメリカン・ヌード#50*  ウォーホル作
ヨーロッパの絵画や本物のラジオやジュース、リンゴをあしらった
デザインにはびっくりです!!

P1080690bg_2

*ブロードキャスト* ロバート・ラウシェンバーグ
コンバイン・ペインティング・・・「コンバイン」は、結合、組み合わせを意味し、
文字通り絵画と彫刻の結合なので、この名前で呼ばれています。
ラジオを内蔵したコンバイン・ペインティングで、画面にはつまみが二つ、
突き出しており、実際に放送を聞くことが可能だったそうです。

P1080688bg

もう1枚はポスターにある「200個のキャンベル・スープ缶」です。
近所のスーパーには、クラムチャウダーやミネストローネ、コーンスープなどの
キャンベルスープ缶が山積みされていて、スーパーの片隅の芸術かも?
と思わず微笑んでしまいました。

artDrinking Gkass-酒器のある情景(展覧会№20) @サントリー美術館
ガラスの酒器の歴史は3,500年間に及ぶそうです。不透明な素材として出発した
ガラスは、紀元前8世紀以降、透明へと移行、ガラス器の歴史は酒器とともに発展
してきたことに着目し、多様な酒器を、
「捧ぐ」「語らう」「誓う」「促す」「祝い、集い、もてなし、愉しむ」といった、
人々の生活の5つのシーンを通して紹介した展覧会です。
現代ガラス作家たちの作品も展示されていて、とても目の保養になりました。

また、大昔ギリシャではワインを水で割って飲んでいたそうです。驚きです。

ポスターにあるのは婚礼に用いられた2段重ねの蓋付き盃で、
「鳥動物文ティアードゴブレット」(ボヘミア 18世紀)です。
上部の小さなグラスは新婦用、下部の大きい方は新郎用で、様々な鳥や動物が
丁寧に彫られていてとても繊細に感じました。

ガラスの向こう側に使う人々の生活、情景が目に浮かんできそうです~

P1080686bg

いつも家庭でビールやワインを飲んでいるコップを、たまには食器棚の奥に
大切にしまってあるグラスに替えて飲んでみようかしら・・・wine

|

« 松岡美術館(展覧会№18) | トップページ | 行楽の秋♪ »

美術館」カテゴリの記事

コメント

けっこう 素敵なグラス 閉まってしまうのですよね!
割ってはいけないと思って やはり使わなくてはだめですね。
気分転換に 楽しく使いましょう・・・・wine

なんでもアートにしてしまうって 発想がちがうのですね?notes

投稿: うたどん | 2013年10月30日 (水) 16時11分

今晩は~
素敵ですね!
我が家もガラス類を集めるのが好きなので
観光地に行くと、ガラス工房を探して
何かしら購入するので結構お気に入りがありますが
普段から使っているので、結構割ってしまったりすると
しまっておこうかと思ってしまいますが
やっぱりこれからも使用ようかな^^

素敵なポストカード、仲間入りしましたね^^

投稿: ナチュレ | 2013年10月30日 (水) 20時06分

maple うたどんさんへ
いつもありがとうございます。
大切にしまっておいたお気に入りの食器類、
使ってこそ意味があるのかも知れませんね。
食事の時間が楽しくなりそうですね!(^^)!

投稿: ひだまりっ子 | 2013年11月 1日 (金) 00時01分

maple ナチュレさんへ
いつもありがとうございます。
お気に入りの食器でいただくと、お食事もより一層
美味しく感じることでしょうね。
ガラス工房には魅力的な作品や食器がありますよね。
食器洗いの際に手を滑らせて割ってしまうことを考えると
なかなか使えなくなってしまいますよね。
それでも日々の暮らしをより豊かに過ごせるよう
普段使いを心がけるようかと・・・^^;

いわさきちひろさんの絵はいつ見ても心が和みますね♡
虹が素晴らしいですね!!

投稿: ひだまりっ子 | 2013年11月 1日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松岡美術館(展覧会№18) | トップページ | 行楽の秋♪ »