« ❀花は咲く❀ お庭に、そしてピアノでも~♪ | トップページ | 残暑に登る高尾山 »

2013年8月20日 (火)

真夏の美術館巡り(№15、16、17)と陽だまりの庭

8月13日 お盆休みで炎暑の中、ホテルオークラ美術館へ
毎年開催されているチャリティイベントとしての展示は、今年で19回目となります。

P1080525

art展覧会№15 「秘蔵の名品 アートコレクション展」
~モネ、ユトリロ、佐伯と日仏絵画の巨匠たちフランスの美しき街と村のなかで~

19世紀末の印象派から20世紀初頭のエコールド・パリまで、芸術の都パリと
その近郊の村々の風景を描いた95点の作品が、各企業、団体、美術館、
個人所蔵家から集められ、見応えたっぷりの豪華な展覧会でした。
この図録も含め展覧会の収益は、日本赤十字に寄贈され、東北の復興援助に
充てられるそうです。

懐かしい大山崎山荘美術館のモネの睡蓮も展示されていました。

P1080528bg

ジャン・デュフィの「セーヌ川とパリ」など、今回は好みのポストカードは
残念ながら販売されていませんでした。次の2枚を購入しました。

『ポントワーズの橋』  カミーユ・ピサロ作
オワーズ川沿いに歩く人々の様子、何気ない風景に癒されたりしますね。
ピサロはセザンヌとカンヴァスを並べてポントワーズの風景を描いたそうです。

P1080530bg

『リュクサンブール公園』  佐伯祐三作
マロニエの木立や散策する人々がVの字にはるか遠くまで続いている様子が
とても印象的な絵です。作者は30歳という若さでパリで燃え尽きますが、
その1年前に描いた作品だそうです。

P1080531bg

また、八王子夢美術館所蔵の小島善太郎作『静物「秋」』の果物と一緒に描かれた
黒猫の絵や、東京富士美術館のシダネル作『森の小憩、ジェルブロワ』の傑作が
印象的でした。

art展覧会№16 大倉コレクションの精華Ⅱ~近代日本画名品選~@大倉集古館
“ローマ店”に出品された世界に向けて日本の美を印象付けた近代絵画の傑作を
中心に、明治~昭和の日本画コレクションが紹介されています。

P1080526

ポスター中央の前田青邨の『洞窟の頼朝』(重要文化財)と横山大観の「夜桜」
(ポスター左上)が大きな屏風に描かれていて、迫力満点でした。
また、小林古径の『木莵図』(右下)ではミミズクが紅梅の枝の上でピンク色の
お花の香りを楽しんでいるかのようで、心が和みました。
春のお花を見ていると、外の極暑をしばし忘れることができました。

ランチは泉ガーデンテラスの中で、お料理の名前は忘れましたがマッシュポテトの
上のお魚(スズキ)にトマトソースがたっぷりと。でもアスパラは極細でした・・・

P1080522bg

ランチ後には西新宿へ

art№17<遊ぶ>シュルレアリスム~不思議な出会いが人生を変える~
@損保ジャパン東郷青児美術館
第一次世界大戦後のフランスから始まったシュルレアリスムは、世界的に広まり
20世紀最大の芸術運動となったそうです。
ちょっと理解しがたい不思議な絵が多く、その魅力は・・・?でした。

P1080523bg

ポスターの絵はルネ・マグリット作 版画集『マグリットの捨て子たち』
二羽の雉鳩たちは、彼らの家の
暖かい薄あかりのなかで「魅せられた領域」より
となっていますが、う~んやっぱり理解に苦しみますsweat01
損保ジャパン美術館といえば、最後に必ず待っていてくれる常設展の中の
ゴッホの『ひまわり』 こちらは何回見ても、見るたびに元気をいっぱいもらえるので
とてもリフレッシュできて、後味が良かったです(^^)v

42階からの眺めは、午後の曇り空は遠くが霞んでしまい、スカイツリーらしきものが
うっすらと見えますね。

Bg

今回はモネの睡蓮とゴッホのひまわりに夏の疲れを癒してもらったように感じました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

夏の季節だけ陽だまりの庭となっている我が家のお庭ですが、極暑のせいか
日陰に咲くお花の方が元気です

✿ペンタス ピンクと白
お花の名前の由来は、五芒星のお花の形にちなんでいるそうです。
暑さにとても強いそうですが、やはりこの暑さに少々バテ気味になっています。

P1080484bg

P1080485bg

✿ポーチュラカ
次の3種以外に、オレンジ、ピンク、白なども開花中。
1日花で夕方には花びらを閉じ、翌日にはまた別の花が次から次へと咲きます。

P1080499bg

P1080500bg

P1080501bg

✿スピードリオン(和名:ジャコウソウモドキ)
耐寒性があるので、昨年地植えにして今年も咲きました。
ピンクの斑入りの葉はヒポエステスです。耐寒性がないため冬は室内で管理し
初夏~秋のみ外へ出し、かれこれ10年くらいになります。

P1080504bg

✿サルビア
真ん中をつまんで甘い蜜を吸ったのは、はるか遠い幼い頃の思い出・・・

P1080507bg

P1080511bg

✿今年は情熱の赤いインパチェンス

P1080482bg

✿ギボウシ
毎年、真夏に清楚で涼しげに咲いてくれます

P1080515bg

✿ランタナ
黄色いお花で斑入りの葉です。今年購入し地植えしました。
11月には越冬のため、鉢植えにする予定です。
昨年までのピンク・黄色・赤コラボのランタナは、冬の極寒に耐えられず
消滅してしまったようです。

P1080516bg

✿ペチュニア
紫の八重咲きですが、一重に近い形でちょっと可笑しいかも

P1080517bg

✿コリウス
濃い紫色の葉ですが、白いお花が咲きました。
写真だと赤紫蘇のように見えたりして・・・

P1080533bg

✿宿根ビオラ(パンダスミレ)
昨年秋に地植えし、春に少し咲いて消滅しかかっていたと思ったら、先月から
急に勢力を拡大し、今はいっぱい元気に咲いています。
タスマニアビオラとも呼ばれ、強健ですが強い日差しや霜には弱く、秋~春に
咲き続けるすですが、夏の陽だまりに植えてみたところ、現在開花中!!

P1080510bg

✿ゴーヤ
今年初めての収穫です。もちろんチャンプルにしてお腹の中へ
3つの苗を植えましたが、成長がいまいちで、収穫もあまり期待できそうに
ありません。あまり日よけにもなってくれないし・・・

P1080539bg

ベッドで吐かれたら困るので、ビニールシートをかけてある私のベッド上で
ビッケとゴーヤの大きさ比べです。

P1080537bg

|

« ❀花は咲く❀ お庭に、そしてピアノでも~♪ | トップページ | 残暑に登る高尾山 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

今晩は~
美術鑑賞、たくさんの癒しが
豊かな心を育んでくれて、日々の励みになりますね~
猛暑が長いですが、お元気ですか!

元気カラーのお花たちが鮮やかで
ランタナの斑入りの葉が涼やかで良いですね
コリウス今年も植えたんですね!
年々ブランド新種が出てきて、高くなってきてるようで
我が家は植えませんでした!
パンダスミレ、咲いてるの!!
驚きですね!やはり季節の変化の影響でしょうか!

ゴーヤは我が家も毎日のように食していますが
今年は暑さのせいで実が早く熟してしまうので
早めに収穫しないと赤くなってしまうようです^^;

ビッケちゃんにも負けない位、立派なゴーヤですね!
これからも暑さに負けず、元気で過ごしてくださいね
ビッケちゃん~早く涼しくなるといいね^^

投稿: ナチュレ | 2013年8月22日 (木) 22時02分

ナチュレさん、こんばんは~
いつも優しいメールをありがとうございます。
残暑が一向に衰えず、植物が夏バテを起こしています。
朝晩の水やりの頃が一番元気なように感じます。
ナチュラルガーデンはいかがですか?
オシャレなリメイク缶が、夏の疲れを一掃して
元気をいっぱい放っているようですね(*^_^*)

ゴーヤ、本当にそうですね。油断していると
オレンジ色で中身が真っ赤になってしまいますね。

ビッケは冷房嫌いで自然の風の通り道に寝っ転がって
いることが多く、食欲旺盛で助かっています。

ナチュレさんも、くれぐれもご自愛くださいね。

投稿: ひだまりっ子 | 2013年8月22日 (木) 23時51分

今日はどうにかお教室も無事終えましたが、先週から昨日までダウンで伏せておりました。

美術館巡り 美味しいランチと癒されましたね。

ビッケちゃんも夏バテのようで 「どうでもいいからゴーヤと早く写真に収めて」 と言っているようです。わがやのゴーヤはグリーンカーテンにもならず栄養失調な10cmとピンポン玉と二つしかならず 赤くなってしまいました。

夏の暑さの疲れがこれから出るかもしれません お体に気をつけてください。

投稿: うたどん | 2013年8月28日 (水) 15時34分

うたどんさん、いつもありがとうございます。
ビッケの気持ちお分かりですね~
我が家もグリーンカーテンにならずムクゲの方に
伸びてしまいました。
アクティブなうたどんさんもご自愛なさって
素敵な秋を迎えて下さいね♪

投稿: ひだまりっ子 | 2013年8月30日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ❀花は咲く❀ お庭に、そしてピアノでも~♪ | トップページ | 残暑に登る高尾山 »