« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

第15回国際バラとガーデニングショウ(その1)

5月13日、昨年に引き続きバラとガーデニングショウを観に西武ドームへrvcar
平日なのに昨年よりだいぶ混んでいたように感じましたsweat01

P1080077bg

素敵なお花やお庭との出会いに感動し、人混みの中悪戦苦闘してcamera撮影した枚数は
想像をはるかに超え、200枚以上に及びました
そこで今回は、2度にわたってアップすることにしました
まずはバラ、そして「素足の庭」をテーマとしたターシャのお庭の再現です

今年で15回目となる節目ということで、ロングロングローズアベニューは最長の
バラ回廊には沢山のバラがお出迎え~プリンセスダイアナ、ピーター・ビールスさん
有名なお名前から和名まで種類の多さにびっくりです
Roses_show20131bgRoses_show20132bg

オープンな会場にはバラの香りに誘われたミツバチの姿に顔がほころびます(*^^)

P1080018bg

豪華なバラの生け花

P1080026bg

つるバラを枝垂れ状に育てたウィーピングスタンダード

Roses_show20136bg

有名なデビッド・オースチン・ロージズのイングリッシュローズの名花

P1080189bg

P1080045bg

P1080046bg

P1080096bg

P1080097bg

P1080101bg

❀ストローベリーアイス
P1080170bg

❀エドガードガ
P1080172bg

❀ブルーフォーユー
P1080174bg

❀プレイ・ガール
P1080176bg

❀レッド・インテューション
P1080178bg

❀ピーチドリフトとピンクドリフト
P1080198bg

❀神代植物公園からも新種のバラが展示されていました

P1080218bg

❀鉢植え部門の大賞は黄色いバラ 「ベル・ロマンチカ」

P1080158bg

切り花部門やハンギングなど部門ごとに入賞したお花を観賞するだけでも大変ですsweat01

P1080153bg

Roses_show20138bg

Roses_show20139

そして沢山のお花屋さんも切り花、鉢植え、造花、プリザーブドフラワー・・・
多種多様なお花にまつわるものを販売していました

P1080154bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ターシャ・テューダー 素足の庭 テーマガーデン

絵本作家として活躍したターシャさんは56歳でアメリカバーモント州に移り住み、
30万坪におよぶ広大な敷地に18世紀の農家を模した家を建て、スローライフを
実践、自給自足の生活を始められました♪

メインハウスをバックに

P1080028bg

P1080029bg

シラネアオイが清楚に存在感を醸し出しています

P1080030bg

ターシャさん愛用のジョーロも展示されていて、お水をやりたくなりますね~

P1080031bg

P1080047bg

P1080048bg

白いリンゴの花が絵になりますね~♡ターシャさんは果実も育てて収穫していました

P1080049bg

P1080050bg

Roses_show20133bg

ニワトリ、ガチョウ、ヤギ、コーギー犬に囲まれたターシャさんの生活を再現するため
日本で調達した生き物たちも登場!会場内に動物が展示されるのは初めてだそうです
右下のヤギさんたちはターシャが育てていたヌビアン種の血を引くヤギで垂れ耳で
瞳がくりっとして愛らしいのですが・・・人混みの中で動物を撮るのは難しいsweat01

Roses_show20134bg

Roses_show20135bg

ターシャの庭のシンボルツリー クラブアップルには実がいっぱい!
(ドームの屋根が眩しいです、青空が欲しいところ・・・)

P1080065bg

P1080066bg

P1080067bg

ターシャさん愛用のガーデンブーツや水差し

P1080223bg

ターシャさん愛用の道具や写真などが沢山展示されていました

P1080221bg

公式ガイドブックで理解を深め、更にターシャさんのことを知りたくなりました

P1080267

また、当日にはターシャさんの長男さんの奥さまがターシャさんの庭づくりに対する
思いや、ターシャさんの思い出を語って下さいました
ネット裏の席で少し遠かったですが、近くにモニタ画面も用意されていました

P1080120bg

P1080124bg

左から司会者、通訳者、中央がターシャさんの長男夫人マージョリー・テューダさん、
ターシャさんの本の翻訳家食野雅子さん、ターシャさんのお庭を再現したガーデン
デザイナー神田隆さん

会場のセットも近くで見るととっても素敵です!!

P1080080bg

P1080081bg

では、次回はオードリー・ヘップバーンが愛した庭と素晴らしいガーデニングの
世界をアップしますね

お花には心を癒し、励まし、元気にする不思議なパワーが沢山あることを
あらためて感じる日々です heart04

| | コメント (2)

2013年5月15日 (水)

展覧会№11、12 

4月29日(土)東京駅へ!土曜日と言うこともあってメチャ混んでいました
目指すは三菱一号館美術館
art展覧会№11 『奇跡のクラーク・コレクション』-ルノアールとフランス絵画の傑作-
ポスターに書かれてある「人生を、美しく生きる幸せ」という素敵な言葉を
真に受け止めることのできる素晴らしい展覧会でした

P1070876bg

開館時間の10時を少し過ぎた頃に着いたところ長蛇の列で入館するまでに
時間がかかりました。館内では少し待っていると、どの絵もじっくり鑑賞できました

展示された殆どの絵に一目惚れしてしまうほどの好みの絵がそろっていました♡
もちろん図録を購入し、何度もチェックしては至福の時をお家でも過ごしています

P1080008bg

ボストンにあるクラーク美術館はシンガーミシンの共同設立者の孫である
クラーク氏とパリの舞台女優だった妻により1955年に開館しました
ボストン中心地から離れているため、観光客がここまで足を運ぶことはないそうです
現在安藤忠雄氏設計により増改築工事が行われており、日本初上陸する
質の高い印象派を中心としたフランス絵画59点を含む73点の作品が展示され
たっぷりの見応えでした

P1080006bg

殆どの作品に癒しを感じ、甲乙つけがたいです。少しピックアップしてみると・・・

*レイデン付近、サッセンハイムのチューリップ畑 / クロード・モネ
オランダ旅行中に描かれ、乏しい色の絵具では伝えられない満開のチューリップの
色鮮やかな様子を、絵具を厚く塗る筆遣いによって輝く色彩を表現したそうです
いつまでも眺めていたい風景でした

P1080007bg

*タマネギ / ピエール・オーギュスト・ルノワール
タマネギとニンニクが生き生き!楽しそうに踊っているようです♪

P1080010bg

*鳥と少女(アルジェリアの民族衣装をつけたフルーリー嬢)/ルノアール
本作品は縦長でお洒落な民族衣装の少女の全身が見えますが、作品の上の
部分だけ表示させてもらいました。あどけない子供の表情に見とれるばかり

P1080011bg

*テレーズ・ベラール / ルノワール
ルノワールの親友かつパトロンだった人の姪(当時13歳)の肖像画です
クラーク氏がこの絵を「最高の肖像画」と讃えたそうです。ブルーのリボンが印象的!

P1080012bg

*花瓶のモスローズ / エドゥアール・モネ
病気で大作をを描けなくなり、日々衰弱していく中、お見舞いに届けられたお花
または庭に咲いていたお花・・・諸説ありますが、力を振り絞って描いたそうです
淡いピンク色のバラとガラスの花瓶がとても印象深かったです
三菱一号館の館長さんはこの絵がお気に入りだそうです

P1080013bg

この美術館に来ると、必ずセンターコートへ寄ってお洒落なお庭を
しばらくの間楽しませてもらいます

P1070832bg

P1070836bg

P1070837bg

P1070838bg

三菱一号館の入口です↓

P1070841bg

お花屋さんもどことなく異国調。季節を先取りした紫陽花畑

P1070842bg

ランチはポルトガル料理をいただきました。
赤豆のスープ・イワシのエスカベージュ・鯵の南蛮漬け・パンとサラダ
エビとチョリソーの炒飯・鱈とジャガイモのオーブン焼き
ポルトガル料理といえば、中国に返還される以前のマカオで食べたことが
ありますが、ポテト料理が多かったような記憶があります

Lunchbg

デザートはリンゴの赤ワインソースかけ&コーヒーです
リンゴの皮が味わい深く、とてもおいしかったです

P1070847bg

お腹がいっぱいになったら東京駅へ、その前に中央郵便局の上層階が
リニュアルされ、KITTEと名付けられたビルをチェック!
このビルの高い位置からは東京駅に留まる全ての列車を見ることができるそうです

P1070848bg

ビル内はイモ洗い状態で、エレベーターもエスカレーターも長蛇の列でした
またの機会に上の階へ行って、駅の景色を楽しむことにしました

P1070851bg

続いては美術館のはしごです。いざ赤坂見附へ・・・

art№12 知られざるプライベートコレクション ジャパン・ビューティー
      描かれた日本美人 @ニューオータニ美術館

明治・大正・昭和初期に盛んな「美人画」に注目し、日本の四季・風俗・歴史
・文学に着想を得た女性表現の多様性とその姿に託された理想美を楽しむ展示

P1070872bg

絵葉書3枚購入しました
左から伊藤深水「ほたる」・鏑木清方「初夏の雨」・竹久夢二作「湘南風光」
一番左の絵では、蛍をつかまえようとしてうちわを口にくわえている姿に
遠い時代であっても親しみを感じました

Bijingabg

全く異なった内容の2つの展覧会、それぞれの持ち味を1日で堪能するには
ちょっともったいなかったような気がしますが、こうして後で振り返ってその時の
感動を再び味わえたり、後から詳しい情報を得て、更に絵を読み解くことに
興味を持って、幸せな時間が続くことがとても嬉しいです

次回は先日行った「国際バラとガーデニングショウ」のことをUPしたいわ~♪

| | コメント (2)

2013年5月 6日 (月)

3月、4月のお庭を振り返って

今年の3月は気温が低く、寒さに強いお花が頑張って咲いてくれました

✿リナリア
沢山の色を楽しんでいます。現在もお花がどんどん増えています

P1070673bg

P1070674bg

P1070675bg

P1070676bg

P1070681bg

✿チェイランサス
耐寒性宿根草ですが、門のところのハンギングとして1ヶ月以上活躍中

P1070677bg

✿ネモフィラ
現在はブルーの絨毯のようです

P1070808bg

✿寒さに強いストックや葉ボタンが3月~現在もなお咲き乱れています

Bg

✿マーガレット ソレミオ インプルーブド
中鉢植えを購入し、花がら摘み後寄せ植えにし、控えの蕾たちがもうしばらくして
咲いてきそうです

P1070585bg

4月に入り、植物たちの成長が著しく、あっという間にお庭が密植状態に!

❀水仙
思いがけないところから芽が出て綺麗に咲いてくれた時には嬉しかったです

P1070692bg

昨年植えたチューリップの球根が、4月上旬満開となりました♪

P1070693bg

❀プリムラマラコイデス
上の写真にも登場していますが、小さい株を2つほど植えたものが
かれこれ1ヶ月半以上にわたり、5月現在更に豪華に色濃く咲き続けています

P1070691bg

白いマラコイデスはハンギングにしています

P1070726bg

❀ムスカリ
半日陰に植えていますが、年々少しずつ増えています
ユキノシタとグレゴマがグラウンドカバーのように勢力拡大中です

P1070704bg

❀クレマチス アーマンディ
3月下旬頃から咲き始め、ふっくらとしたお花は4月には写真の通り花弁が
開ききり、西側の塀沿いを埋め尽くしています。

P1070722bg

現在は伸びた蔓を整理し、お花はこんな形になっています

P1070975bg

❀ベロニカ オックスフォードブルー
グラウンドカバーとして年々勢力拡大・・・

P1070689bg

❀イベリス
数年鉢植えで管理していましたが、昨年地植えにしてみたところ
一気に増えて元気に咲いてくれました。グラウンドカバーに近い状態です
現在は花弁がだいぶ散り、ピンクがかった状態になっています

P1070699bg

P1070698bg

❀サクラソウ
玄関前に植えっぱなしですが、毎年4月に満開になります

P1070700bg

P1070701bg

❀ペチュニア
鉢植えで真冬も軒下で管理したところ、寒さに強く4月初旬には
早々と咲いてくれました。これから秋まで長~く活躍してくれることでしょう

P1070721bg

❀デルフィニウム ミントブルーとイベリスのコラボ
蕾の様子がドルフィン(イルカ)似のため、デルフィニウムと言うそうです

P1070740bg

❀ スノードロップ
今年は数が減って気がします

P1070797bg

❀マネッチア
鉢植えで管理していますが、今年は花数が増え、現在大賑わいです

P1070809bg

❀ツルニチソウ
数年前までは全くお花が咲いてくれませんでしたが、あきらめずに管理していたら
一つ、二つと年々花数を増し、今年は沢山咲いています♪

P1070814bg

❀マーガレット エンジェルマイス
今年こそはマーガレットを増やして、毎年楽しみたいと思います

P1070816bg

❀アジュガ
ユキノシタの勢力に押されながらもいくつも咲いています

P1070829bg

❀芝桜(ピンク・白・斑入り)
グラウンドカバーの脇役のはずが、今年は主役になりそうな勢いです

P1070819bg

P1070820bg

P1070818bg

❀チョウジソウ
背丈が70cmほど、東京薬科大の薬草園でいただいた株はどんどん増えました
後ろの葉はフェンネルで、お料理に使っても使っても増え続けます

P1070869bg

❀ハナミヅキ
年によって全然咲かなかったりしますが、今年はいっぱい咲いてくれました
3mほどに成長した木なので、見上げながら曇った空を背景にズームでカシャcamera

P1070815bg

❀ブルーデージー(斑入り)
いつも自然消滅してしまうので、今年こそは長持ちさせたいです

P1070688bg

❀キンセンカ(カレンデュラ)
昨年の冬に植えてから、暖かくなるにつれ成長が著しく旺盛です

P1070862bg

❀クリサンセマムノースポール

P1070977bg

❀ミヤコワスレ
花壇の数か所に群生しています

P1070817bg

P1070976bg

そして、賑わうお庭の様子を日向ぼっこしながら眺めるビッケです

Bkgardenbg

| | コメント (6)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »