« 展覧会№11、12  | トップページ | 第15回国際バラとガーデニングショウ(その2) »

2013年5月26日 (日)

第15回国際バラとガーデニングショウ(その1)

5月13日、昨年に引き続きバラとガーデニングショウを観に西武ドームへrvcar
平日なのに昨年よりだいぶ混んでいたように感じましたsweat01

P1080077bg

素敵なお花やお庭との出会いに感動し、人混みの中悪戦苦闘してcamera撮影した枚数は
想像をはるかに超え、200枚以上に及びました
そこで今回は、2度にわたってアップすることにしました
まずはバラ、そして「素足の庭」をテーマとしたターシャのお庭の再現です

今年で15回目となる節目ということで、ロングロングローズアベニューは最長の
バラ回廊には沢山のバラがお出迎え~プリンセスダイアナ、ピーター・ビールスさん
有名なお名前から和名まで種類の多さにびっくりです
Roses_show20131bgRoses_show20132bg

オープンな会場にはバラの香りに誘われたミツバチの姿に顔がほころびます(*^^)

P1080018bg

豪華なバラの生け花

P1080026bg

つるバラを枝垂れ状に育てたウィーピングスタンダード

Roses_show20136bg

有名なデビッド・オースチン・ロージズのイングリッシュローズの名花

P1080189bg

P1080045bg

P1080046bg

P1080096bg

P1080097bg

P1080101bg

❀ストローベリーアイス
P1080170bg

❀エドガードガ
P1080172bg

❀ブルーフォーユー
P1080174bg

❀プレイ・ガール
P1080176bg

❀レッド・インテューション
P1080178bg

❀ピーチドリフトとピンクドリフト
P1080198bg

❀神代植物公園からも新種のバラが展示されていました

P1080218bg

❀鉢植え部門の大賞は黄色いバラ 「ベル・ロマンチカ」

P1080158bg

切り花部門やハンギングなど部門ごとに入賞したお花を観賞するだけでも大変ですsweat01

P1080153bg

Roses_show20138bg

Roses_show20139

そして沢山のお花屋さんも切り花、鉢植え、造花、プリザーブドフラワー・・・
多種多様なお花にまつわるものを販売していました

P1080154bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ターシャ・テューダー 素足の庭 テーマガーデン

絵本作家として活躍したターシャさんは56歳でアメリカバーモント州に移り住み、
30万坪におよぶ広大な敷地に18世紀の農家を模した家を建て、スローライフを
実践、自給自足の生活を始められました♪

メインハウスをバックに

P1080028bg

P1080029bg

シラネアオイが清楚に存在感を醸し出しています

P1080030bg

ターシャさん愛用のジョーロも展示されていて、お水をやりたくなりますね~

P1080031bg

P1080047bg

P1080048bg

白いリンゴの花が絵になりますね~♡ターシャさんは果実も育てて収穫していました

P1080049bg

P1080050bg

Roses_show20133bg

ニワトリ、ガチョウ、ヤギ、コーギー犬に囲まれたターシャさんの生活を再現するため
日本で調達した生き物たちも登場!会場内に動物が展示されるのは初めてだそうです
右下のヤギさんたちはターシャが育てていたヌビアン種の血を引くヤギで垂れ耳で
瞳がくりっとして愛らしいのですが・・・人混みの中で動物を撮るのは難しいsweat01

Roses_show20134bg

Roses_show20135bg

ターシャの庭のシンボルツリー クラブアップルには実がいっぱい!
(ドームの屋根が眩しいです、青空が欲しいところ・・・)

P1080065bg

P1080066bg

P1080067bg

ターシャさん愛用のガーデンブーツや水差し

P1080223bg

ターシャさん愛用の道具や写真などが沢山展示されていました

P1080221bg

公式ガイドブックで理解を深め、更にターシャさんのことを知りたくなりました

P1080267

また、当日にはターシャさんの長男さんの奥さまがターシャさんの庭づくりに対する
思いや、ターシャさんの思い出を語って下さいました
ネット裏の席で少し遠かったですが、近くにモニタ画面も用意されていました

P1080120bg

P1080124bg

左から司会者、通訳者、中央がターシャさんの長男夫人マージョリー・テューダさん、
ターシャさんの本の翻訳家食野雅子さん、ターシャさんのお庭を再現したガーデン
デザイナー神田隆さん

会場のセットも近くで見るととっても素敵です!!

P1080080bg

P1080081bg

では、次回はオードリー・ヘップバーンが愛した庭と素晴らしいガーデニングの
世界をアップしますね

お花には心を癒し、励まし、元気にする不思議なパワーが沢山あることを
あらためて感じる日々です heart04

|

« 展覧会№11、12  | トップページ | 第15回国際バラとガーデニングショウ(その2) »

イベント」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
いよいよ梅雨入りのようですね!
体調管理にも気を配りながら心身ともに
爽やかに過ごしたいですね
バラとガーデニングにお出掛けになったのですね!
我が家は急きょ変更で、近辺のオープニングガーデンや
バラを楽しんできました

今年は15周年という事もあって
盛大で奥の深い催しになったようですね!
沢山の方が出向かれて
癒しの空間を楽しまれた事でしょう^^
ターシャの空間はとても興味がありますが
雑誌とは違い、その場に立つと
色々な思いが伝わってきて、正に癒しのそのものですね
素敵な時間を楽しまれて良かったですね~^^

投稿: ナチュレ | 2013年5月29日 (水) 08時25分

ナチュレさん、お早うございます
いつもありがとうございます
おっしゃる通り、西武ドーム中が癒しの空間のようでした~♡
ナチュレさんもいらっしゃっているかも・・・と勝手に想像
していましたが、オープニングガーデンを楽しまれていたんですね。

自然を活かしたお庭づくりができたらいいな~と思います

ナチュレさんのお庭は次から次へと素敵なお花が咲き続けていて
お手入れも大変だと思います。
ペラルゴニウム・ブラキカム・ピンクイソトマ・・・我が家のお庭では
自然消滅してしまい、赤いペラルゴニウムを購入したところです^^;

梅雨入りし植物の蒸れが心配ですが、人間も植物も万全の
態勢で雨の恵みに感謝できるといいですね(*^^)v

投稿: ひだまりっ子 | 2013年5月30日 (木) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展覧会№11、12  | トップページ | 第15回国際バラとガーデニングショウ(その2) »