« スカイ・ミラージュ | トップページ | 寒くても元気に咲いた白い花&展覧会№5、6 »

2013年3月12日 (火)

展覧会№4聖徳記念絵画館と美味しい食事

2月25日

以前から外苑前を通りかかる時、気になっていた建物がありました。それが

聖徳(せいとく)記念絵画館(重要文化財)
-近代日本のあけぼの、壁画に見る幕末・明治の歴史-

P1070533bg

あらゆる分野で近代化へ大きく飛躍し、様々な文化が花開いた明治時代を
壁画で見ることができます。
日清・日露戦争、東京帝国大学卒業式に臨幸され、病の岩倉具視を見舞う
明治天皇のご様子や富岡製糸場を行啓される皇太后と皇后のお姿・・・
今日の日本の礎を築いた貴重な歴史のシーンを80点の大壁画が物語っています。

また、明治天皇の御料馬「金華山号」のはく製および骨格標本の展示もあります。
宮城県で生まれ岩手県で育ち、東北巡幸中に天皇自ら見初められ、購入された
そうです。その昔、伊達正宗が良馬改良のため尽力し生産された馬の子孫だそうです。

明治天皇の偉大な業績をあらためて認識しました。
ただ、館内は暖房が一切施されていず、メチャ寒かったです(>_<)

昨年12月に南青山、西麻布からの散策で訪れた外苑いちょう並木を通り抜けた先が
この建物なんですね~昨年のいちょう並木の様子↓                          

http://hidamari-pokapoka.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-e45f.html

絵画館のお庭では梅の蕾がほころび始め

P1070537bg

名木「ひとつばたご」
幕末から、このあたりに生え珍しい樹木で大正13年に天然記念物に指定され
昭和8年に枯れてしまうものの、その根接法により現在は2代目になるそうです。
5月には雪のように白い清楚な花を咲かせるそうです。
俗名「なんじゃもんじゃ」ですが、これは名前のわからない木の総称で「なんの木じゃ?」
と呼ばれ、いつの間にか「なんじゃもんじゃ」になってしまったそうです。


P1070540bg

P1070539bg

ランチは絵画館の近くにある外苑「うまや」信濃町へ
三代目市川猿之助さんがディレクションしたお店です
お店の名前の由来は・・・「さる」は「うま」の守り神だそうです。

P1070551bg

P1070549bg

楽屋に届くお弁当をアレンジした「楽屋めし」を注文しました
品数が多く、味付けもバッチリ、コーヒー&デザート付が嬉しいです!

P1070543bg

デザートの杏仁豆腐はクリーミーでまろやか~
和の器でいただくコーヒーに癒されました

P1070546bg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その極近くにある慶應義塾大学病院に翌週家族が入院するとは・・・
思いがけず、先週は3日間信濃町通いの日々でした
短期入院で済み、ホッとしています(*^^)v

新館9階のエレベーターホールからの新宿高層ビルの眺めです

P1070567bg

P1070566bg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

このところのお天気続き、もちろんビッケは陽だまりの窓越しから
だんだんと賑わっていくお庭を観賞中???

P1070574bg

大気汚染が気になりますが、良い環境の中でガーデニングを楽しみたいですね♪

|

« スカイ・ミラージュ | トップページ | 寒くても元気に咲いた白い花&展覧会№5、6 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

忘れ物がおおくなり 困ってしまいます、ありがとうございました。

立派な建物があったんですね。 なんじゃもんじゃを見るために
行きましたが、絵画館 気がつきませんでした。

美味しそう 太らないでいいですね、

ビッケちゃん はやく暖かいお外に出たいと 背中が言ってます。

今日も すごい風で顔が、ほこりまみれで帰ってきまし。

投稿: うたどん | 2013年3月13日 (水) 13時52分

うたどんさん、こんばんは~

コメントありがとうございます。

忘れ物をお届けできて良かったです。
なんじゃもんじゃは深大寺にもあるそうですね。
白いお花が咲いたところを見てみたいです。

ビッケは家猫なので、外へ出るのを嫌がります。
陽のあたる窓辺が最高の場所のようです。

それにしても暴風でしたね (^_^;)

投稿: ひだまりっ子 | 2013年3月13日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイ・ミラージュ | トップページ | 寒くても元気に咲いた白い花&展覧会№5、6 »