« 芸術の秋:美術館めぐり№24、25 | トップページ | パンジー&ビオラ »

2012年11月27日 (火)

懐かしの東京駅、丸の内、美術館めぐり№26 / 晩秋に元気なお花

今回の美術館の下車駅である東京駅・・・20数年前、丸の内南口を出て地下に入り
三菱ビルへと通った懐かしい思い出の駅が10月1日に生まれ変わったそうですね。
1914年(大正3年、今から98年前)開業当時の姿になったそうです。
駅舎内の南ドームレリーフ、改札を出たところで見上げてみると素敵な世界が~♡

P1070249bg

東京ステーションホテルのロイヤルスウィートルームは1泊80万8,500円!!
窓からの眺望は皇居までの行幸通りがまっすぐに眺められるそうです

P1070251bg

雨の降る中でも、荘厳な感じで堂々とした印象の東京駅です

P1070259bg

P1070258bg

右下には「2020年オリンピック・パラリンピックを日本に!」の大きなポスター

P1070260bg

駅を出て左手にある東京中央郵便局は、ゆうちょ銀行本店となりました
その姿には懐かしいホッとした気持ちになりますが、見上げてみると・・・
上階はJPタワーとして2013年3月21日にグランドオープンするそうです

P1070254bg

art 美術館めぐり№26
「シャルダン展-静寂の巨匠」  @三菱一号館美術館
フランスを代表する静物・風俗画の巨匠 ジャン・シメオン・シャルダン(1699-1779)の
作品はルーヴルをはじめとする世界中の大美術館やコレクターに私蔵されていて
回顧展の開催は困難を要しますが、ルーヴル美術館名誉総裁・館長ピエール・
ローザンベールの監修で、厳選された作品ばかりが展示されています

P1070274

購入したポストカードは・・・
≪木いちごの籠≫
シャルダンの最も美しい作品と言われ、個人所有のため普段は非公開
いちごが籠からこぼれないように積み重ねることができたな~と関心してしまいます

P1070275bg

≪白い花瓶の花(カーネーションと月下香とスイートピーが活けられた花瓶≫
東洋風の花瓶に沢山のお花が活けられているのが印象的でした

P1070276bg

素敵な中庭は雨に煙っていても風情がたっぷり、美術館の入口付近から

P1070261bg

美術館の廊下の窓から見下ろす感じで

P1070263bg

季節の演出、クリスマスツリーに心が和みます

P1070264bg

向こう側のビル、ブリックスクエアーでランチしました

P1070265bg

半円形の木製ベンチの下から仔猫ちゃんが顔を出していました
雨の中、寒くないか心配です・・・

P1070266bg

P1070267bg

P1070268bg

雨が降っていなければ、ベンチに腰掛けてしばらく展覧会の感動の余韻に
浸っていたかったとてもお洒落な中庭です~♪

P1070269bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

我が家の庭も枯葉が舞い、パンジーやビオラの間をぬって咲いているのは

✿ジュリアン✿

P1070240bg

P1070283bg

✿ランタナ

P1070280bg

✿ホトトギス
ようやく咲き出して、蕾も沢山つけていますが遅咲きのような気がします・・・

P1070286bg

ビッケは良く寝、良く食べ元気に床暖房の上で熟睡中です
次回はお庭やビッケの様子をupしたいと思います(*^^)v

|

« 芸術の秋:美術館めぐり№24、25 | トップページ | パンジー&ビオラ »

ガーデニング」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
東京駅、まるで外国に行ったような雰囲気
こんな風景いつまでも残しておいてほしいですね
美術鑑賞もクリスマスムードのコラボで
雰囲気も素敵ですね!
ジュリアン、夏越しですか!
我が家も夏越ししたのですが、まだ硬い蕾^^;
ホトトギス、我が家は咲き終わり
根元からカットしてしまいましたが
これから少しの間楽しめそうですね~
ビッケちゃん、床暖房で爆睡ですか~^^

投稿: ナチュレ | 2012年11月28日 (水) 08時26分

ナチュレさん、こんばんは~
いつも心和むコメントをありがとうございます。
東京駅、レンガ造りが異国情緒を醸し出して
いるのかもしれませんね
最近豪華できらびやかなツリーが多いですが
もみの木にわりとスタンダードに近い飾り付けが
とても自然な感じがしていいな~と思いました。

ジュリアン、実は1ヶ月ほど前に購入したものです。
夏越しは難しく、成功しません。
ナチュレさんは夏越ししているんですね~素晴らしい!!
ホトトギスは毎年植えっぱなしで咲いてくれますが
今年は移植したせいか、例年よりだいぶ遅れて
今頃になって咲いています

ビッケは床暖房を切ったので、私の膝の上です(=^・^=)


投稿: ひだまりっ子 | 2012年11月29日 (木) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸術の秋:美術館めぐり№24、25 | トップページ | パンジー&ビオラ »