« つくばへの旅 | トップページ | 懐かしの東京駅、丸の内、美術館めぐり№26 / 晩秋に元気なお花 »

2012年11月13日 (火)

芸術の秋:美術館めぐり№24、25

11月3日 どんより曇り空の中、9時半上野駅到着
早朝より混んでいる動物園の入口を横目に目指すは東京都美術館です!

121103_110613_640x457

美術館めぐり№24
リニュアルを記念した『メトロポリタン美術館展』-大地・空・海4000年の美への旅

日本初公開で話題を呼んでいるゴッホの「糸杉」、何度も絵具を重ね杉の葉が
でこぼこ盛り上がり、重厚感のある絵でした
南仏の療養所に自主入院した直後に描かれ、「糸杉」のことを「エジプトのオベリスク
と同じくらい美しい線と均衡を備えている」とゴッホは感じていたそうです
(オベリスクとは、古代エジプトで記念碑として作られた石柱のこと)
そしてこの絵を描いた翌年、ゴッホはこの世を去りました
わずか10年ほどの画歴の中で、900点に近い絵画と1100点以上の紙に描いた
作品を遺しているゴッホの才能を思うと、もっと長生きして欲しかったです

P1070218

公式カタログには坂本龍一さんのオリジナルイメージ曲「wind, cypresses & absinthe」
の音楽CDが付いていました
東洋やアフリカの美術も取り込みながら世紀をまたいで進化した西洋美術の熱気を
表現したメロディが奏でられています♪

P1070217bg

約25年ほど前にNYのメット(メトロポリタン美術館の愛称)へ行ったことがあります
海外の歴史的な遺跡や美術品から絵画まで1日ではまわりきれないほどの
膨大なコレクションに驚かされました。また絵の前にキャンパスを広げ模写
している人を時々見かけたり、日本では考えられない光景を目にした記憶が
よみがえってきました。
今回の展示でも、考古学コレクション、ティファニーの宝物、彫刻、絵画では
レンブラント、セザンヌ、モネなど西洋美術を代表する巨匠たちの作品が豊富で
「自然とは何か」というテーマを古代から現代に至るまで、幅広い分野からの
貴重な作品の数々をたどりながら鑑賞を楽しむことができました。

P1070207_640x472

我が家の愛猫ビッケはNYのマンハッタン、ブルックリン生まれですが
こちらはエジプト産・・・

「猫の小僧」 エジプト プトレマイオス朝時代 紀元前332-前30年頃
飼い猫の習慣は、中王国時代のエジプトに始まるそうです。ネズミの食害から
守るために家の中で飼われ、やがて人を楽しませるペットとして扱われるように
なったそうです。

P1070248bg

絵葉書を2枚購入しました
「歩きはじめ、ミレーに拠る」 フィンセント・ファン・ゴッホ作
農民を主題とするミレーの作品をゴッホは手本とし、ミレーの作品に基づく
模写を約20点制作しています

P1070212bg

「浜辺の人物」 ピエール・オーギュスト・ルノアール作
人々が自然と調和し、穏やかな生活を描いた上品で楽しげな作品から
ルノアールは経済的に安定を手に入れたそうです

P1070214bg

次は恵比寿へ・・・恵比寿ガーデンプレイスでランチ

121103_115108_640x460

早くもクリスマスのデコレーション! 日中も輝いていました
そういえば夕べのニュースで今夜からライトアップが始まるとか・・・
イルミネーションを見に、夜に再び訪れたいですね~ジングルベル~xmas

121103_125625_478x640

石川亭のランチ、ブリのバジルソースは大好きなバジルがたっぷりで
ボリューム満点でした!!

121103_123131_640x457

ガーデンプレイスから恵比寿駅へ戻り、反対側の広尾方面へウォーキング!

美術館めぐり№25
「没後70年 竹内栖鳳-京都画壇の画家たち」 @山種美術館
「東の大観、西の栖鳳」と称される近代日本画の一時代を築いた巨匠です
文化の日に鑑賞しましたが、第一回目の文化勲章受章者が横山大観そして
この竹内栖鳳です!

P1070219

会場に入ると最初に出迎えてくれるのは重要文化財の「班猫」の絵です
沼津の八百屋の飼い猫だったモデルの猫と60歳で出会った栖鳳は、交渉を重ね
一枚の絵と交換してもらい猫を京都へ連れて帰り、嵯峨野の別荘で何度もスケッチを
繰り返し、毛づくろいの一瞬を描きあげたそうです
にゃんとも幸せな猫ちゃんだこと~♡
会場にはモデルになった実際の猫ちゃんの写真も飾られていました

P1070220

栖鳳のほか、栖鳳の造形的源泉となった円山派の祖・円山応挙をはじめとする
江戸時代の作品、、また栖鳳を師匠として活躍した上村松園の作品など、京都
画壇に着目した作品群を鑑賞しました

帰りは渋谷まで再びウォーキング、芸術の秋を堪能しました(*^^)v

|

« つくばへの旅 | トップページ | 懐かしの東京駅、丸の内、美術館めぐり№26 / 晩秋に元気なお花 »

美術館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
すっかりご無沙汰してしまいました!
主人が仕事を減らして家にいる時間が多くなり
PCに向かうのが減りました^^;
お変わりありませんか!
今日は強風で寒い日になりましたが
陽だまりはぽかぽかで、ビッケちゃんもお昼寝かな^^
芸術に触れていると、心も豊かになり
癒しの時間が募るにつれ、自然に動作や生活にも
あらわれてくのでしょうね~
ご主人との、優しい時間の共有が、何よりですよね。

世間はこれから益々クリスマスムードに変わりますね
今年の、お近くのイルミネーションはどんな様子でしょうか
行かれましたら、又楽しませて下さいね~^^

投稿: ナチュレ | 2012年11月18日 (日) 11時44分

ナチュレさん、こんばんは~
いつも優しいコメント、ありがとうございます。
美術館めぐりが多い年になってしまいました。
実は昨日も絵画展に行ってきたので、またご覧くださいね。

焼き物もいいですね~
多肉植物もビオラもそれぞれ生き生きと
輝いていますね~
我が家のビオラもだいぶ増えてきたので
またご紹介しますね(^^)

ビッケは朝晩のまだ窓辺が冷たい時間には
床暖房のフローリングに身をおき
日中は陽だまりを求めて部屋を
移動しながらお昼寝三昧です
そして今はパソコンしている私のひざの上で
私がベッドへ向かうのを待っています

ご近所のイルミネーション、覚えていてくれて
ありがとうございます。私も今から楽しみです!(^^)!
また、ご紹介しますね!

では、ご主人様と素敵な秋をお過ごしくださいね♪


投稿: ひだまりっ子 | 2012年11月18日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくばへの旅 | トップページ | 懐かしの東京駅、丸の内、美術館めぐり№26 / 晩秋に元気なお花 »