« 美術館めぐり№9、10、11、12&お庭のお花 | トップページ | 美術館めぐり№13、14 & 素朴なお花 »

2012年7月 2日 (月)

6月のいろいろ

毎年楽しみな東京薬科大学の公開講座を6月2日受講しました
今年で第36回になるそうです。毎回2つのテーマが用意されています。

◇『薬を上手に使いこなそう!~お薬代と健康保険制度を中心に~
お薬手帳やジェネリック医薬品などの関わりについてや
目薬の挿し方など
有益情報盛りだくさんの内容を講師の松本有右教授が面白おかしく
分かりやすく説明して下さいました

◇『香りを楽しむ』~生活の中の植物の香り~
おなじみ名誉教授の指田豊先生が、生活の中の香り(コーヒー・紅茶・緑茶・ご飯・梅干し・きゅうり・ニンニク・ネギ・アイスクリーム・香辛料など)と薬湯・
匂い袋・精油・香と香道など香りの楽しみ方をお話しされました
サンプルの香りが準備されていて、
白檀やすみれの香りが心地よかったです

P1060409bg

今回の参加者は187名だそうです

講座終了後、いつものように薬用植物園を見学し、待機していた学生さん
達が薬草の説明をして下さいました。

✾サラサウツギ 生薬名「そうじょ」利尿に用いる
  八重咲きで花弁の外側が紅紫色の品種

P1060410bg

✾アカヤジオウ 生薬名「地黄(じおう)」
  調整法により生地黄、乾地黄、熟地黄と区別される
  糖尿病、前立腺肥大症、老人性腰痛、白内障などの漢方処方に配剤
  成分はカタルポール、マンニット、糖などを含む

P1060412bg

✾ムラサキセンダイハギ
  切り花および花壇用として栽培される

P1060414bg

✾シロバナムシヨケギク
  頭花を乾燥したものが、かつて薬局方に収載された除虫菊である
  粉末を蚊取線香、ノミ取粉、農業用殺虫剤の原料

P1060418bg

✾アカバナムシヨケギク
  シロバナムシヨケギク同様蚊取線香やノミ取粉をつくることができるが
  殺虫成分の含量が少ないので、もっぱら観賞用とされている

P1060416bg

✾アマチャ
  甘茶の原料とされ、甘味、矯味薬、口腔清涼剤として用いられる
  4月8日の灌仏会(花祭り)で利用される

P1060420bg

✾クロタネソウ
  種子にはニゲラ油を含み、メロンの香りがするが、成分は
  アルカロイドのダマセニン

P1060426bg

~*~*~ここからは展示温室内の植物です~*~*~

✾ハエマンツス ムルティフロルス
  葉の出る前に球根から花茎がのび先端に雄しべが長く伸びた
  多くの花が放射状に咲く。球根植物

P1060427bg

✾ポンデローサ
  果実は生食には向かないが、苦みを処理すればジャムなどの加工食品に
  利用可能

P1060429bg

✾ポンデローサの果実
  グレープフルーツの様な感じです

P1060430bg

✾カカオ

P1060432bg

✾タイワンフタリシズカ
  和名のシズカは静御前のことで、能楽の演目『二人静』に 因んでいると
  言われる 花穂が1本のヒトリスズカに対し、2~5本あるのが名前の由来

P1060434bg

✾メキシコジギタリス
  日本への渡来は大正4年、メキシカン ヴァイオレットの英名がある

P1060436bg

✾オニゲシ
  同じ属のケシの未熟果に傷をつけ、そこから 出した乳液を乾燥した物が
  アヘンになる オニゲシとヒナゲシは無許可で栽培できる

P1060438bg

✾ ヒロハノカワラサイコ
   和名は葉が広く(カワラサイコと比べて)河原に多く、太い根茎が漢方で
   利用されるミシマサイコの根茎と似ているため

P1060440bg

✾ジギタリス
  葉、強心薬、うっ血性心不全

P1060442bg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

そしてなんといっても6月のビッグイベントはビッケの誕生日birthday
15歳になっても今まで以上に元気いっぱい、シニアアドバンスのビッケです!!

P1060536bg

いつまでも家族でいましょうね heart04

|

« 美術館めぐり№9、10、11、12&お庭のお花 | トップページ | 美術館めぐり№13、14 & 素朴なお花 »

イベント」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

薬草の花は小さいけれど、存在感がありますね、

一生懸命咲いてくれるのが好きです。野山をあるいてても
しっそに咲いている花に目がいってしまいます。

めずらしいのがいっぱいですね?
チャリ友と薬草園にいこうといいながら、まだ実現してません。
一番 きれいな花の時期に行きたいと思います。

ビッケちゃんも毛並みがよく元気そうですね。

投稿: うたどん | 2012年7月 4日 (水) 17時09分

今晩は~
今年も行かれたのですね!
薬草は置くが深く、知らなかった事が数多く
知れば知るほど奥が深いなと思います

遅くなりましたが
ビッケちゃんお誕生日おめでとうbirthday
同じ6月生まれなのでとっても身近に感じます
いつまでもキュートで大きなおめめや
元気な姿見せてくださいね~^^*

投稿: ナチュレ | 2012年7月 4日 (水) 20時48分

うたどんさん、こんばんは~
優しいコメントありがとうございます。
植物の力に人間は助けられているので
感謝しなくてはと思います。
薬草園是非行って見て下さい
秋よりも春の方が沢山あるように感じます。

ビッケは本当に年を感じさせず、若々しく
日々お化粧に励んでいるので
その甲斐あってか黒い毛がミンクのようです

投稿: ひだまりっ子 | 2012年7月 5日 (木) 00時09分

ナチュレさん、こんばんは~
少し遅れてしまいましたが
お誕生日おめでとうございますbirthday
健やかで笑顔溢れる楽しい年を過ごされますように!
きっとご主人さまと素敵なお祝いをされた
ことと思います。

ビッケは体力、食欲、睡眠欲(笑)とどれをとっても
衰えを見せず、病知らずで家族思いの猫です。
これからも一緒に過ごせる時間を楽しみたいと思います。

アジサイのリース、素敵ですね♡
ナチュレさんの器用さにはただただ脱帽ですm(__)m
我が家もピンクのアジサイが一番元気なので
おそろいのところ、嬉しくなりました♪

投稿: ひだまりっ子 | 2012年7月 5日 (木) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術館めぐり№9、10、11、12&お庭のお花 | トップページ | 美術館めぐり№13、14 & 素朴なお花 »