« 6月のいろいろ | トップページ | 心のこもった手作りいろいろ »

2012年7月10日 (火)

美術館めぐり№13、14 & 素朴なお花

『福田平八郎と日本画モダン』 @山種美術館

生誕120年にあたる平八郎(1892~1974)の斬新な色と形を追求した作品と
大正から昭和にかけて活躍した作家たちの「モダン」な作品の展覧会です
平八郎の作品が20点のみの展示ということで、少々寂しかったです

P1060584bg

↑『雨』は代表作のうちの一つで、会期後半からの展示になるため
  残念ながら見ることができませんでした。

↓『筍』は会場に入って真っ先に目に入る絵です。
  落ち葉の背景に写実的な筍がすくすくと育ち、楽しい感じ♪

P1060585bg

↓『漣(さざなみ)』は、今回の目玉作品で前期のみの展示でじっくりと
   鑑賞してきました。水の表面だけが果てしなく広がっているような・・・
   日本画に新風を吹き込んだ作品のうちの一つです

P1060586bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

『アンリー・ル・シダネル展』~フランス ジェルブロワの風~
@損保ジャパン東郷青児美術館:ビルの42階の会場へ・・・

受付前の窓からの大パノラマには東京タワーが!

P1060524bg

向こうの方にはスカイツリーが・・・

P1060526bg

大好きな画家の一人、シダネル(1862~1939年)の絵は人物が描かれて
いないのに、あたかもそこに人が居たかのような気配が漂い、想像力を
かき立てられるところが面白いです。また、優しい色彩に心癒されます。
人物のいる風景も描いていたことを知り、彼の豊かな画風に感動しました。

P1060588bg

『青いテーブル』
ポスターにもありますが、右側の椅子には薄手のストールが掛けられ
お花が置かれているので、これから女性が一人でランチをするような
場面が想像できます

P1060534bg

『テーブルと家』

P1060533bg

『薔薇の花に覆われた家』

P1060535bg

『夕暮れの小卓』
ロワール川に面するヌムールという町で、運河沿いの家の窓灯りに
黄昏時のロマンティックな休息を想像できます

P1060589bg

常設展ではお馴染みのゴッホの『ひまわり』やセザンヌ、ゴーギャンの
作品を鑑賞!  何度見てもまた見たくなる絵ばかりです

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

【番外編】
『マウリッツハイス美術館展』@東京都美術館
これから行きたい展覧会ですが、相方が鑑賞してきて
かなりの重さの図録を買ってきました
日曜10時前に着いたものの、メチャ混んでいたそうです

図録

P1060590bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ところで、あまり梅雨らしくないお天気が続いていますね
我が家の裏庭にはピンクの紫陽花が沢山咲いています
現在は紫色に変色してきていますが、かなり巨大です

P1060537bg

❀ホタルブクロ 

P1060527bg

P1060488bg

❀どくだみ
裏庭にぎっしりと咲いてくれました
生ごみの中に葉を入れておくと、コバエの発生を防ぐので
夏の我が家の必需品です

P1060505bg

この季節の素朴な感じのするお花の紹介でした
ビッケはお休みさせてもらいますね(=^・^=)

雨の恵みが植物を生き生きとさせ、自然との美しい調和を
楽しむことができますように・・・

|

« 6月のいろいろ | トップページ | 心のこもった手作りいろいろ »

ガーデニング」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
美術館巡り、楽しい思い出深い一ページが
又加わりましたね~^^
漣という作品はシンプルな中に沢山の内容が詰め込まれて
いるような魅力ある作品ですね

ピンクのアジサイ、やっぱりいいですね~^^
最近はこのピンクのアジサイに嵌ってます^^;
ホタルブクロ良いですね~
白は特に魅力がありますね^^

ドクダミはそんな利用の仕方があったのですね!
見つけると抜いてしまうのですが
これからはどこか場所を確保して利用しようと思います
いい事教えて頂き有難うございます

これから暑くなります
熱中症に気を付けて大事に過ごしてくださいね
ビッケちゃんも元気に過ごしてね^^
次回のアップ楽しみにしているよ♪~

投稿: ナチュレ | 2012年7月11日 (水) 10時17分

刺繍展の帰りにはしごしてシダメル展 行ってきました。
パステルカラーの優しい色がいいですね。
刺繍にもシダネルのカラーを使う先生が多くなってます。
バラのテーブルサンターを刺してますが 葉 その色でなく
薄ねずみ色を使いたいのですがなかなか使えないでいます。

陽だまりさんの美術館 巡り楽しみに 巡った気分でおります。

ドクダミ コバエの発生 初めて聞くました。
ポリバケツに入れてみます

投稿: うたどん | 2012年7月11日 (水) 19時19分

ナチュレさん、こんばんは~
いつも優しいコメントをありがとうございます。
「漣」の魅力、単調な中に秘められた思いが感じられるなんて
素晴らしいですね!!

紫陽花は花後に茎を短く切ってしまうと
翌年咲かないことを知り、なるべく切らないように
しています。
紫陽花でリースを作ってしまうナチュレさんの腕には
ホント脱帽です♪
ホタルブクロは愛嬌のある姿にホッとさせられます。
どくだみ試してみて下さいね~

ビッケは暑くてもまるくなって爆睡していますzzz・・・
次回は登場させますね(=^・^=)

ナチュレさんも暑さ対策しっかりとして、多くの種類の
素敵なお花のお手入れを楽しんで下さいね(^^)v
クレマチスもブルーのお花も魅力をたっぷりと堪能させて
もらいました♡

投稿: ひだまりっ子 | 2012年7月12日 (木) 00時13分

うたどんさん、こんばんは~
いつも優しいコメントありがとうございます。
シダネル展へ行かれたんですねっ 嬉しいわ~!(^^)!
パステルカラーにホッと気持ちが安らぎますよね~
彼の配色は刺繍にぴったりな感じがします。
薄ねずみ色が難しいのですか・・・
完成したらぜひ見せて下さい!!

どくだみ、この夏のコバエ対策に
試してみて下さい(^^)v

投稿: ひだまりっ子 | 2012年7月12日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月のいろいろ | トップページ | 心のこもった手作りいろいろ »