« 第14回国際バラとガーデニングショウ | トップページ | 6月のいろいろ »

2012年6月20日 (水)

美術館めぐり№9、10、11、12&お庭のお花

art『高橋由一展』 @東京藝術大学大学美術館

日本画には遠近法がなかったんですね~サムライだった高橋由一は洋画の技法に
魅せられて、自ら学び画家となって洋画の普及に努めました
ポスターの『鮭』は重要文化財です。会場にはあと2つの鮭の絵も展示されています。

P1060468

『美人(花魁)』 重要文化財

P1060469bg

この他、肖像画、静物画、風景画などを描き、油絵普及のために
美術雑誌を創刊したり、美術館の構想にまで尽力しました

同時開催していたものも、盛り沢山でした

修復記念「 浄瑠璃寺吉祥天厨子絵」
もとは京都浄瑠璃寺の《木造吉祥天立像》(鎌倉時代・重要文化財)を納めた
厨子の扉および背面板が明治22年東京美術学校に所蔵され、平成19年から
3年間の修復作業の後、今回はじめて展示されるようになり、その修復工程
なども紹介されています。
修復という技術も作品を描いたり作ったりする以上に難しい高度な技術や
知識が必要で、芸術作品を後世に伝える大切な仕事ですね

P1060470

藝大コレクション展~春の名品選~では「楠木正成銅像」など彫刻類、
音楽関係のものも多数ありました♪

鑑賞後はランチタイムとなり~学食で天ぷら蕎麦を頂き、満腹に(*^_^*)

art『フェルメール光の王国展』@フェルメール・センター銀座

館長さんはTV等でよくお見かけする分子生物学者の福岡伸一氏です
フェルメール全作品37点を最新技術を使ってフェルメールの描いた直後の
状態にリ・クリエイトした作品展
フェルメールのアトリエや「手紙を書く女と召使い」を実際に再現した撮影コーナー
もあり、 フェルメールの作品の中に入って撮影ができるようになっていました。

P1060471

フェルメール展で何度か本物を鑑賞しているので、絵そのものに大きな
感動はありませんでしたが、フェルメールの生きた時代をイメージしながら
作品を鑑賞できました
会場内撮影自由なため、皆さんデジカメでバシャバシャ撮っていましたが
そんなことも知らずに来てしまい、携帯電話のカメラでトライ!

120522_141201_640x469bg

「デルフトの眺望」
フェルメールの描いた風景画は2点のみ、そのうちの1枚です

120522_141133_640x532bg

フェルメールの描いたブルーが好きです 標本のように展示されています
「フェルメール・ブルー」と呼ばれ、原料は希少で高価な鉱石「ラピスラズリ」
ヨーロッパ周辺ではアフガニスタンでしか産出されず、海を渡ってきたことから
「ウルトラマリン」とも呼ばれています 

120522_142531_640x478bg

福岡氏のビデオやパネルの説明など

120522_143134_640x479bg

「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」
高価なウルトラマリンをふんだんに使っています
本物はもうすぐ来日!東京都美術館で鑑賞できる予定です

120522_141402_480x640bg

art『大エルミタージュ美術館展』@国立新美術館
        ~世紀の顔 西欧絵画の400年~
16世紀~20世紀にわたる西欧絵画の歴史をたどる豪華な展覧会
ポスターの絵はマティスの最高傑作の一つ《赤い部屋(赤のハーモニー)》
東京では約30年ぶりの展示となります

P1060474

『農婦と猫』 ダーフィト・ライカールト(3世)
老婆が布にくるんだ猫ちゃんにスプーンでおかゆを食べさせています
不思議な光景ですが、可愛くも感じます・・・

P1060480bg

『少年料理人』 ジョゼフ・ベイル
ワインに酔ってしまったコックの少年の左手はよく磨かれた銅製の大鍋に
その様子をじっと見つめている2匹の猫ちゃんたち、とても可愛いわ~

P1060478bg

『ドーヴィル港のヨット』 ラウル・デュフィ
大好きなデュフィの作品もありました リズミカルな雰囲気が好きです

P1060479bg

『カーテンのある静物』 ポール・セザンヌ
同じ美術館の別の部屋では「セザンヌ展」が開催されていましたが、
有名なこの絵はエルミタージュ所蔵だったのですね

P1060481bg

盛り沢山の図録、かなり重いので持って帰るのが一苦労ですが
鑑賞後に図録を見ながら印象に残っている気になる作品をチェックすると
思いがけない事実が判明したり、理解が深まり興味は尽きませんね(^^)v

P1060475bg

art『異邦人の眼差し-清朝末期の北京』@東京富士美術館

P1060502

スコットランド出身の写真家ジョン・トムソンが19世紀清朝末期の
風景写真や肖像写真の展示
また、ハンガリー生まれのアメリカの写真家ロバート・キャパが日中戦争中の
1938年に中国を訪れ、子供たちの写真やマルクスやスターリンの写真が
飾られた会議室、その前で若かりし周恩来を撮影したものなど貴重な歴史の
事実が垣間見られました
常設展の方もルネッサンスから現代までの豪華作品が勢ぞろいしていました

昨年は震災の影響で展覧会の開催も思うようにできなかったせいで
その反動とも思えるほど今年は展覧会の当たり年のような気がします

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

では、現在活躍中のお庭のお花です。紫~ピンク系のお花をチョイス

❀カンパニュラ・アルペンブルー❀
「カンパニュラ」とは小さな鐘のこと、毎年華やかに咲いてくれます

P1060463bg

❀ナデシコ❀  毎年元気に咲いてくれます

P1060449bg

❀ヒマラヤカスミソウ❀

P1060450bg

❀安曇野❀ 
ブログ友のナチュレさんに教えていただいたつるバラです
可愛い花弁のミニバラです 成長が楽しみだわ

P1060453bg_2

❀トリフォニウム・ワイン
クローバーのお花、、シロツメクサと対比してアカツメクサともいいます

P1060457bg

❀ラミウス❀ 全開UPした黄色いお花に続き、ピンクのお花も開花

P1060458bg_2

❀ロリポップ❀ バイカラーのスカシユリ、毎年ふえてくれます

P1060465bg

そして、お待たせしました!! ビッケの登場です
ビッケのベッドとその上の布団の隙間から顔をのぞかせているのが
メチャ可愛いでしょう~
私のデジカメは黒に反応しないので、ちょっとボケ気味ですが・・・

P1060482bg

今夜台風が通過中、時々強風が雨戸を揺らす音が聞こえます
どうか被害がありませんように

|

« 第14回国際バラとガーデニングショウ | トップページ | 6月のいろいろ »

ガーデニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

今晩は~
先日の台風、大丈夫でしたか!
凄かったですね!
早くから準備をしていたのですが、成長したトマトの枝が
折れてしまい残念な事に^^;
次の台風が近づいているようなので心配ですね!
気を付けてくださいね
ビッケちゃんも怖い思いをしてしまいましたね

盛り沢山の美術館巡りですね
其々に個性溢れた作品は、記憶に残る一ページになりますね

ピンクのお花がキュートですね~^^
安曇野が咲いたようですね~^^
生育旺盛なので来春は沢山の花が咲いてくれますよ~^^
開花が進むにつれ花色が変るのも愛らしいですよ~
同じバラを楽しめるなんて、とても身近に感じ嬉しいです~^^*
ブログ友さんも沢山のバラを育てていますが
安曇野を楽しんでいる方はひだまりっ子さんだけなので
とても嬉しく思います~^^

ユリが咲きだしたのですね!
我が家はまだ硬い蕾^^;
でも沢山の種類が仲間入りしたので楽しみにしているの~^^

ビッケちゃん~もう怖い思いは嫌だよね^^;
翡翠のようなお目目がとっても素敵!!

投稿: ナチュレ | 2012年6月21日 (木) 20時42分

ナチュレさん、こんばんは~
心優しいコメンをたっぷりとありがとうございます。
台風でトマトが被害に遭ったのですか!
大切に育ててきたものが・・・がっかりですね。
我が家のトマトやその他の野菜は被害を受けずに
済みました。

ナチュレさんのブルースター、沢山咲いて見事ですね!
我が家はこの冬の寒さでダメになってしまいました(^_^;)

安曇野・・・こんなにかわいらしいバラを
教えていただき、手に入れることがでたのを
嬉しく思っています。ナチュレさんのお陰です。
感謝!感謝!いっぱい増やしたいです!!

ビッケにも優しいコメントありがとうございます。
台風より地震の方が怖いようです。
実は本日ビッケは誕生日で15歳になりました
食欲、運動、容姿ともに年齢を感じさせません
(ちょっぴり親バカ」)
いつまでもブログに登場できるよう
これからもう~んとかわいがっていきますので
お付き合いよろしくお願いしいます。(^_-)-☆

投稿: ひだまりっ子 | 2012年6月24日 (日) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回国際バラとガーデニングショウ | トップページ | 6月のいろいろ »