« 春の庭 | トップページ | 第14回国際バラとガーデニングショウ »

2012年5月22日 (火)

2012年 美術館めぐり№7、№8と5月のお庭で

連休中は地元の美術館めぐりをしました

『地上の天宮 北京・故宮博物院展』 東京富士美術館にて

紫禁城(故宮)に所蔵されている200点あまりの貴重な名品や海外初公開の
秘蔵の名画などを鑑賞しながら、当時の中国のドラマチックな歴史を思う存分
楽しみました

P1060163

充実した内容の図録を購入し、貴重な資料を眺めてはため息ばかり・・・
10年以上前になりますが、北京と台湾の故宮博物院に行ったことがあります
北京では観光客用に右ページにあるような「正大光明」の額の下の
椅子に腰掛けて簡単なチャイナドレスを装い写真を撮ってもらった
思い出が懐かしくよみがえってきます

P1060164bg

次は八王子市夢美術館へ
『陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910』 
~シャ・ノワール(黒猫)をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~

芸術の都パリが最も華やかで成熟した時代、芸術家たちの拠点モンマルトルに
キャバレー「シャ・ノワール」は社交の場として一世を風靡しました
画家ロートレックが利用していたことは有名ですが、作曲家ドビュッシーやサティ、
建築家エッフェル、詩人ヴェルレーヌ、小説家ゾラなど多くの芸術家や上流階級の
人々がテーブルを共にしたそうですが、どんなおしゃべりをしたのか
想像するだけでわくわくしますね

シャ・ノワールとは、もちろん黒猫です!!ポスターの絵、とても有名ですよね~♡
この「高名な『シャ・ノワール』一座近日来苑のポスター」を描いたのは
テオフィル・アレクサンドル・スタンランです
彼は猫や犬のイラスト入りポスターを多く手がけています
パリ・モンマルトルの雰囲気を存分に味わうことができました♪

P1060162

*どうしてキャバレーに「シャ・ノアール」という名前をつけたのでしょうか?
A:オーナーのサリスが店舗物件を見つけ足を踏み入れたところ
  そこに一匹の黒猫を発見したから
B:画家マネの描いた「猫のランデヴー」というポスターからインスピレーションを
  受けたため
といった2つの説があるそうです。
いずれにしても、黒猫ちゃんは可愛がられていたのでしょうね~❤

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、新緑の季節、我が家のお庭も賑やかさを増してきました

❀ラミウム・ガリオブドロン

P1060126bg

❀ベロニカオックスフォードブルー

P1060088bg

❀芝桜 タマノナガレ

P1060087bg

❀リナリア
  赤紫系ピンクとブルー

P1060089bg

P1060114bg

❀チョウジバナ
このブルーの色合いが爽やかさを届けてくれます

P1060146bg

❀キンギョソウ
 他の色もありますが、赤が一番元気に咲いてくれました

P1060153bg

❀十二単(じゅうにひとえ)/ アジュガ

P1060173bg

❀ミヤコワスレ
毎年いっぱい咲いてくれます 切り花にしてモチが良いです

P1060177bg

❀カロラインジャスミン
数年間咲かなくても根気強くお手入れすれば、必ず咲いてくれることを
教えてくれました

P1060181bg

P1060182bg

❀ルリマツリ
白とピンクと3色そろえていたのに、ピンクは消滅しちゃいました

P1060179bg

❀平戸ツツジ

P1060191bg

❀ツツジ

P1060183bg

❀ツルニチソウ
長い間咲いてくれませんでしたが、ここ数年少ないですが咲いてくれます

P1060205bg

❀リナリア フラミンゴ
ビビッドカラーで元気いっぱい、細くてヒョロヒョロ名前の通り
フラミンゴのようです。雨や強風にビクともせず、かれこれ1ヶ月は
咲き続けています

P1060200bg

P1060201bg

❀オードりヘップバーン
ピンクの大輪です 若い株を強くするため、今年いっぱいつぼみをカットして
水に挿して楽しみます♪

P1060134bg

P1060138bg

❀我が家に昔からあるピンク色のバラ
   ちょっとオードリヘップバーンに似ています
 バラのお花、色や花びらの形、同じように見えても
 それぞれお洒落な名前がついていたり
 少しずつ親しんでいけたらと思います

P1060386bg

≪予告≫
次回は国際バラとガーデニングショウの紹介をしますね

我が家のシャ・ノワール ビッケも次回に登場(=^・^=)

|

« 春の庭 | トップページ | 第14回国際バラとガーデニングショウ »

ガーデニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
北京・故宮博物院展、私も訪れてみたいです^^
ドラマやドキュメンタリーでは何度となく見てはいるのですが
又違う感動がありますよね
故宮博物院に行った事があるのですね!
私の夢のひとつに京劇の鑑賞があるのですが
夢が叶うのは何時になるのかしら^^;
黒猫ちゃんは絵の中にいても絵になりますね~^^

カリオブドロン、たくさんの花が付きましたね
葉も楽しめる重宝なグランドカバーですね~
チョウジソウも花色がとても濃くて風情がありますね!
我が家は色合いが薄くてイマイチです^^;
今年も綺麗に開花のジャスミンやミヤコワスレ
ルリマツリ、ピンクの素敵なバラが春の庭を華やかに彩り
傍で過ごす時間が何よりの癒しになりますね~^^

これから数日天気の方も良いそうなので
庭に出る時間も増えそうですね
春の爽やかな風を感じ癒しの空間、堪能して下さい~^^
ビッケちゃん元気してますか~^^

投稿: ナチュレ | 2012年5月23日 (水) 10時12分

お花の種類の多いのにビックリ 上手に育てられてますね。
知らない花の名前があり 嬉しいです。
先日 図書館で花図鑑を借りてきましたが、なかなか覚えられません。

出かけると必ず 黒猫ちゃんと遭遇しますが、ひだまりさんも
黒猫ちゃんと目が合うのですね。

投稿: うたどん | 2012年5月23日 (水) 20時18分

ナチュレさん、こんばんは~
いただくコメントに心癒されてしまいます。
いつもありがとうございます。
故宮博物院の財宝は蒋介石が台湾に
持ち出してしまったため、台湾の博物院に
沢山展示されていましたが、建物自体は
もちろん北京ですよね。
中国の偉大な歴史を味わうと
今を生きている自分の世界が
とてもささやかに感じてしまいます。
見どころは尽きませんので
是非訪れてみて下さいね(^^♪
個人的には芸術に力を入れていた宋時代が
気に入っています。青磁や白磁、景徳鎮など・・・

カリオブドロン、購入後1年以上葉っぱだけでした。
ところが今年初めて黄色い花がいっきに咲き出して
驚くやら嬉しいやらでした!
葉もお洒落な柄をしてますよね。

チョウジソウのブルー、気に入っています。
やや日陰から日当たり良好に移植したからか
昨年よりブルーの色合いが良くなった気がします。

すずらんも別の場所に移植したところ、花付きが
さえませんでした。

コンボルブルスいつも沢山咲かせていますね。
我が家のは消滅しちゃったようです(/_;)

ツルバラとても素敵ですね~♡
ナチュレさんのお宅までお散歩できたら
いいのにといつも思っています

ビッケは相変わらず元気いっぱいで
よく寝ています(=^・^=)

暑さに気をつけながらお庭のお手入れを
楽しんで下さいね(^^)v

投稿: ひだまりっ子 | 2012年5月24日 (木) 01時06分

うたどんさん、こんばんは~
いつも優しいコメントをありがとうございます。
お花の名前、時々忘れてしまいネット検索したり
ショップに聞いてみたりしています。
それでも現在庭に植えたハーブのうち
2種類の名前が不明で・・・^^;

図書館へ行かれるんですね!
私も図書館大好きで2週間に1度必ず行って
返却してはまた借りて・・・を繰り返しています。
お花の本だけでも沢山あって迷っちゃいますよね。

黒猫ちゃんに好かれているんですね。
我が家のまわりでもたまに見かけます。
庭に入ってきたときにはさすがに驚きました\(◎o◎)/!
ビッケが外に出てしまったかと・・・
でもビッケの方が美人でスマートでしっぽが長い
などと親バカしています^^;

器用なうたどんさんの手作り作品を
見せてもらえるのを楽しみにしていますね(^^)v

投稿: ひだまりっ子 | 2012年5月24日 (木) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の庭 | トップページ | 第14回国際バラとガーデニングショウ »