« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

カタクリの花に誘われて

紅葉の季節に行った片倉城址公園へ、カタクリの花を求めて再び足を
運んでみました

P1060018bg

P1060017bg

うつむき加減に咲く一つ一つの花には可憐さがあり、群衆となって咲く
花々には気の向くままのひょうきんな感じしていてマイペースで
思わず笑みがこぼれます

P1060014bg_2

P1060015bg_2

4月上旬、公園の丘の上の桜は3分咲きほどでした

P1060023bg_3

P1060024bg

P1060027bg_3

蕾、膨らんだ蕾、開きかけた花、そして開花・・・
桜のお花の移りゆく姿を一度に観ることができるのも味わい深いです

P1060029bg

P1060030bg

山野草たちも枯葉の下で厳しい冬の寒さに耐え、じっと春の陽光を
待ちわびていたことでしょうね~♫

貝母(バイモ)

P1060035bg

立金花(リュウキンカ)

P1060037bg_2

一人静(ヒトリシズカ)
名前の由来を調べると・・・「静」は静御前のように可憐で、花穂が一本のため

P1060012bg

園内にある蓮池では、カメさんたちが一斉に日向ぼっこ☀

P1060041bg

昨年秋に訪れたときにも咲いていた、ピンクの椿が今なお見事!!
長寿のお花なんですね~

P1060043bg_3

清楚なピンクに対して、赤は元気をいっぱい放っていますね~♫

P1060044bg

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

我が家のお庭も徐々に賑やかになっています
寒さのせいでお花が長持ちのように感じます
桜の季節に桜似のお花を~

❀白いクリスマスローズ ニゲルがなぜか花弁の先が桜色に~❀

P1050922bg

桜うつぎ

P1060005bg

そしてお留守番のビッケはといえば・・・春眠暁を覚えずzzz…

P1050844bg

| | コメント (4)

2012年4月 7日 (土)

2012年 美術館めぐり№4~6 & お庭から(ジュリアン)

寒さ厳しい3月半ば、やはり屋外よりも美術館へ足が向いてしまいます
テレビ、新聞、電車内の広告でかなり偉大な芸術家らしいことを知り、
日本での開催は今回が最初で最後とも・・・けれども初めて耳にする名前

生誕100年『ジャクソン・ポロック展』
~東京国立近代美術館の開館60周年記念展~
ポロックは20世紀のアメリカの画家で、筆や棒に絵具をつけてキャンバスに
垂らしていくポアリングという技法、アクションペインティングの画法が有名です

P1050882bg

≪インディアンレッドの地の壁画≫
ポスターやチケットにも印刷されていますが、35年前、イラン革命によって
門外不出となった伝説の最高傑作・・・評価額200億円だそうです!!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

P1050891

作品ナンバーだけや、無題のものが多かったです

P1050998bg

P1050999bg

初期の作品

P1050996bg

アルコール依存症になったり、それを克服したり・・・しかし飲酒運転で
44歳という若さで命を落としてしまいました

ポロックのアトリエが再現されていて撮影 camera OK

P1050888bg_2

ポロックが使用していた画材 art

P1050884bg

様々な解説を読むことで、注目され高い評価を得ている作品をおぼろげに
理解できるようになりましたが、奥深い作品にはそれでも馴染めない部分
がまだまだあります
どちらかというと、この美術館の常設展の方がホッとしながら鑑賞できました

次は今年再び訪れた山種美術館です
『和のよそおい』 ~松園・清方・深水~
和の装い、そうです着物姿の美人画展です。髪の毛、髪飾り、帯、色とりどりの着物
そしてしなやかな手や指先が優しい心遣いで描かれていました

P1050893bg

3月最後に訪れたのは、我が家から一番近い美術館となる八王子夢美術館 
 『加藤久仁生展』・・・とても癒されました~♪

P1050914bg

「つみきの家」

2009年にアカデミー賞の短編アニメーション賞を日本人監督作品として
初めて受賞されています。

4枚1セットのポストカードを購入しました
家が水没しないよう、どんどん積み重ねていくのですが、今は一人暮らしの
おじいさんが、下の階の方へ潜っていき、その時々の家族の様子を回想します
無言なのですが、流れている音楽とともに哀愁を誘います

P1050915bg

P1050917bg_3

P1050918bg

P1050919bg

絵の展示のほか、心に響く音楽とともにいくつかのアニメーションが
放映されていて、思わず見入ってしまいました
このままずっと会場にとどまっていたいと思う心地よさが漂っていました

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

とても厳しい寒さにお庭のお花たちも沈黙状態?!
そんな中、この冬頑張って咲き続けてくれたお花がジュリアンです❤

P1050608bg

P1050607bg

P1050665bg

P1050724bg

P1050895bg

P1050900bg

地植えしたお花たちにはビニールシートを被せたり、防寒対策をしましたが
それでもこの冬の寒さに耐えきれず残念なことも度々でした
まだ朝晩の冷え込みが厳しい我が家の庭ですが、日中の暖かさに元気を
取り戻しながら、次々に咲き始めています
ガーデニングを楽しめる季節の到来に感謝です♪

ビッケは・・・もちろん窓辺の陽だまりからお庭を眺めています

P1050937bg

| | コメント (4)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »