« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

秘蔵の名品 アートコレクション展

8月15日お盆休みにはやっぱり大好きな芸術鑑賞♡
虎ノ門のホテルオークラへ・・・

P1050120bg_2

今年で17回目となった「文化勲章受章作家の競演 日本画の巨匠たち」展で
58名の受章作家の作品を鑑賞しました
日本人としての誇りと感謝の気持ちでいっぱいになりました

また、展覧会のサブタイトルは
東日本大震災復興支援 チャリティーイベント「心をつなぐ」と題されて
この作品目録を含め、展覧会の純益は全て東日本大震災復興支援の
義援金として被災地のために寄付されるそうです
作品目録のページをめくると感動がよみがえりますね~
横山大観の≪夜桜≫、そして川合玉堂の≪奔潭≫

P1050114bg

じっくりと時間をかけて見入ってしまったのは東山魁夷の≪萬緑新≫
昭和天皇・皇后両陛下のお住まい、吹上御所に飾られていた絵で、陛下の
ご要望により猪苗代湖畔の翁島をモティーフに描かれ、題名は陛下の
ご健康を祈って魁夷が名付けたそうです
湖にうつる木々の様子、静寂感が心を落ち着かせてくれますね♡

P1050112bg

向かいの大倉集古館は我が国最初の私立美術館だそうです
そちらへも足を運んでみると・・・

P1050093bg_3

1階では「美術に観る音色」、2階では「大倉喜七郎と邦楽」という
2つの展覧会が開催されていたので、こちらも鑑賞しました

右側の写真は大倉財閥2代目の大倉喜七郎氏が自身の考案・制作による
オークラウロという堅笛を吹いているところです。多芸多才なんですね~

P1050116bg

下の2枚のポストカードを購入しました。1階に展示されています
中国 北魏時代の如来立像は重要文化財で、見上げるほどに大きかったです

P1050108bk_2

国宝の普賢菩薩騎象像は平安時代のものでケースに入っていました
心がほっと和らぐようです

P1050110bg_2

2階のバルコニーへ出てみると納得、この建物自体中国の古典様式を
取り入れていて、平成10年には国の登録有形文化財となっています

P1050098bg

バルコニーからホテルを望むと・・・高層ビル街の中のホテル、そして3種類の国旗
日本とアメリカ合衆国の間にある青地に輪の形になった黄色い星の模様は欧州旗、
各国の要人がお泊りになっていらっしゃるのでしょうか・・・

P1050097bg_2

もちろんランチもホテルで中華スタイルのものを美味しくいただきました
右下の杏仁豆腐はとてもクリーミーで後を引きますよ~

0815bg

お盆休みは都内でゆっくりと過ごすのもいいですね~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、猛暑でもお庭で一番元気よく咲いているのは
✿ミソハギ

P1050078bg

✿ギボウシ

P1050125bg

同じ茎の花が順番に咲いてはしぼんでいくので、沢山のお花が同時に
開いているところを撮るのが難しいですね

P1050132bg_4

✿コリウス 花をつけ、成長がめざましいです

P1050082bg_3

✿ヒポエステス
地植えにして陽ざしを浴びて鮮やかなピンク色の葉になりました
11月にはお部屋の窓辺に移し、何年もお付き合いしている植物です

P1050052bg

8月18日午後3時過ぎ、
我が家の2階の温度計がついに最高温度を表示!37.6度です!!

P1050127bg_2

エアコン嫌いなビッケはカーテン越しではなくてレースのカーテンをくぐって
網戸越しにお外を眺めながら自然の風がお好みのようです♪

P1050083bg_2

春夏秋冬、暑い夏から涼しい秋へ少しずつ季節がめぐり
夏の疲れが出る頃かもしれませんね
次の季節へのエネルギーを蓄えながら、心地よく季節の変化を
楽しむことができたらいいですね~♫~♪~♬

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

被災地を訪ねて

3.11それはあまりにも悲惨な出来事が東北地方を中心に襲い掛かりました
主人の故郷、南三陸町や石巻の被害は計り知れません
津波で流され行方不明だった親戚が、残念な形ではありますが
ようやく発見されました
7月23日(土)早朝、主人と愛猫ビッケを連れ、
八王子から車で石巻へ向かって出発!

首都高の渋滞を避け、圏央道を行ける所まで→桶川北本で降りて一般道を
少し走ったら、白岡菖蒲から東北自動車道へ仙台に向かってひた走り、
仙台港北から三陸自動車道、そして石巻河南へ到着したのは夕方でした

高速道路では何十台もの警察の護送車とすれ違いました
これは他府県の警察官が東北地方に派遣され、行方不明者の捜索活動や
パトロールに当たられているいるそうです
富山・岡山・鳥取・埼玉・北海道などの警察の車を記憶しています
行方不明の方々が一日も早くご家族のもとへ戻ることができますように!

さて、翌日義兄の案内で南三陸町の方へ~

P1050034bg

津波が海からだいぶ距離のあるここまでやってきました!
杉林の丘の麓の杉の木は塩水を浴びて枯れてきています
塩害の風景はあちらこちらで見受けられました

P1050008bg

P1050009bg

山も海も変わっていないのに、その手前にあったはずの家並みは
見る影もなく、更に手前の小高い丘のような茶色い部分の上には
かつて気仙沼線の線路があり、電車が走っていました

P1050010bg_2

南三陸町防災対策庁舎は赤い骨組みだけが残っています
ここから防災無線のアナウンスをしていた遠藤未希さんは命をかけて町民へ
「大津波がやってきます。急いで高台に避難してください!」と訴え続け、
自らは津波の犠牲となってしまいました

P1050012bg_2

壊滅的な被害を受けた南三陸町志津川中心部 見渡す限り瓦礫の山

P1050013bg

P1050014bg_2

P1050015bg

かつて親戚の住居のあったところも何も残っていませんでした。
ただ、ピンク色のお花がところどころに咲いているのが再建を誓って
未来を見つめているようで印象的でした。

P1050017bg

大震災から4ヶ月半を経て訪れた被災地の今の姿を見ても、
津波の脅威が想像を絶するものであることを痛感しました
命を落とされた犠牲者のご冥福と、被災者の生活が早期に建て直され
被災地が速やかに復興することを願いながら、微力でもできることを
進んで行いたいと思います

P1050020bg

数年前に金華山へ行ったときに乗ったフェリー乗り場は津波で消失しました
神割崎は名勝をそのままにしています

P1050021bg_3

P1050028bg

P1050029bg

高台の公園では津波の影響がなく、トラノオが沢山咲いていました

P1050023bg

石巻線は小牛田~石巻まで復旧していますが、石巻~女川は線路の損傷や
女川駅自体が津波で消失しているため、復旧の目途が立っていません。
佳景山駅の踏切から

P1050004bg

P1050006bg

小牛田方面へ続く線路

P1050007bg_2

26日早朝、被災地の早期復興を願いつつ、いつもと変わらないのどかで
美しい田園風景に癒されながら、この地を後に帰路の途へ

P1050039bg

P1050040bg

今回で私たちもビッケも6年振り3回目の石巻へのドライブでした
毎回運転はひだまりっ子が担当、いつも暑い夏の季節になってしまいます

とても困るのがサービスエリアでの休憩です。店内はペット立ち入り禁止
炎天下の車内にビッケを閉じ込めておく訳にはいきません!
私たちは交代で食事やトイレを済ませ、一方ではビッケを抱きながら
日陰で待っています(汗)

帰りに寄った那須高原サービスエリア、かなりの蒸し暑さにビッケを抱いて
いられず野菜市場のベンチに座ってもらうと・・・こわごわとたたずむビッケ

P1050042bg

牧場が売りの那須高原、牛さんのお背中をちょっと拝借、記念撮影!

P1050043bg

気になる渋滞情報をキャッチし、都内の道路が順調に流れていることを知り
川口JCT→江北JCT→板橋JCT→熊野町JCT→西新宿JCT→高井戸から
中央高速で八王子へ→夕方無事我が家へ到着しました

大震災からもうすぐ4ヶ月、被災地の復興を邪魔するかのように広がる
放射能汚染、山積みされた問題が一刻も早く解決され、平和で活気のある
日本を取り戻すことができますように!

みんなでがんばろう!日本

| | コメント (4)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »