« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月19日 (火)

感動の連続!ワシントンナショナル・ギャラリー

『ワシントンナショナル・ギャラリー、印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション』
を国立新美術館で堪能してきました!

P1040960bg

“これを見ずに、印象派は語れない”というキャッチフレーズがぴったりの展覧会

P1040967bg

ワシントンナショナル・ギャラリーは、アメリカの首都ワイントンDCにあり、所蔵する
約12万点の作品はすべて、実業家や一般市民からの国への寄贈によるものという
ことで、アメリカ市民が作った奇跡のコレクションと言われています。
今回展示されている83点のうち約50点が日本初公開の作品です。
また、今年で70周年を迎える同ギャラリーの常設展66点のうち9点をここ日本で
鑑賞できる価値ある展覧会になっています。
震災、放射能汚染の影響により、海外の美術品の日本での開催をキャンセル
される中、このワシントンナショナル・ギャラリーのご厚意には深く感謝いたします。

どの作品も魅力がたっぷり~♡ お気に入りのポストカードから

≪ヴェトゥイユの画家の庭≫ クロード・モネ作
モネと言えば、”睡蓮”ばかりが連想されますが、ひまわり畑も素敵です~♡
ただ、モネのお庭ではなくて、ご近所のモネの憧れのお庭だそうです。

P1040971bg

≪日傘の女性、モネ夫人と息子≫ クロード・モネ作
モネ夫人カミーユと息子のジャンの幸せに満ちたお散歩の風景

P1040969bg

≪薔薇≫ フィンセント・ファン・ゴッホ作
ひまわりの絵が有名過ぎるため、とても意外でした。白い薔薇を描くなんて!!
展覧会の最後を飾る作品となっていたこの≪薔薇≫を見ていると感激のあまり
涙が・・・

P1040972bg

もちろんいつものように図録も購入しました。この図録の表紙を3種類から選ぶ
ことができ、一番人気のモネのシリーズにしましたが、このカバーは現在売り切れ
のようです。
図録のページをめくると感動がよみがえり、お家で1枚1枚の絵画をより深く味わう
ことができるので、私には貴重な宝物です~♡♡

P1040973bg

.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

さて、我が家のお庭は家の外壁塗装工事のため、しばらくの間お手入れ
できませんでしたが、ようやく足場が外れ、少々荒れていますが、それぞれの
お花がマイペースで微笑んでくれています。

❀すかしゆり ローリーポップ
  香りのないゆりですが、今年も元気いっぱいに咲いてくれました

P1040932bg

❀フィガロ  矮性のダリアで黄色とオレンジの微妙な色合いが可愛いです

P1040910bg

❀ブルースター  涼しさを感じさせてくれるブルーが魅力的~♡

P1040945bg

❀河原撫子(カワラナデシコ) 背丈が50cmほどでしなやかに咲いています

P1040946bg

❀トリフォニウム ティントワイン  ワインカラーの縁取りの三つ葉が可愛いです

P1040887bg

❀ブラキカム ヘブンリーブルー 

P1040846bg

❀ペチュニア

P1040891bg

❀チェリーセージ ホットリップス  気温や日照で赤と白の色合いが変化します

P1040844bg

❀マルバストラム ラテリティウム 淡いアプリコットカラーでお花の形が可愛いです
  這性なのでハンギングにしています

P1040894bg

❀ユキノシタ 下向きの花弁が大きくて形が面白いですね 
  葉は民間薬やてんぷらにして食べてもいいそうですが、まだ試していません

P1040886bg

❀ホタルブクロ いつの間にか我が家の庭で咲いていました!
  鳥さんが種を運んで来たのでしょうか?

P1040949bg

そしてお待たせしました!!!最近のビッケは・・・
猛暑の中でもエアコン嫌いで暑さに我慢強いため、2階の廊下と寝室の間のドアの
敷居を枕にして伸びきっています~暑さに強いなんて羨ましいかぎりです♪

7bg

| | コメント (2)

2011年7月 5日 (火)

6月のイベント

もう1ヶ月ほど前になりますが、今年も東京薬科大学の公開講座を受講しました。

0604bg

今回も2つのテーマが用意されていました。
1.セルフメディケーションと一般用医薬品(OTC) の上手な利用法
2.身近なハーブの育て方と利用法など
薬の使用にかかわる為になる大切なお話や、大好きなハーブのお話を色々と
聴くことができ、充実した内容で楽しく受講できました。
また、受講後には薬用植物園で様々な薬草の鑑賞ができ、大充実の一日に感謝!

06041bg

06042bg

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

初めて世田谷文学館を訪ねてみました~rvcar

P1040898bg

『世界中で愛されるリンドグレーンの絵本』展を鑑賞

P1040913bg

約60年前にスウェーデンで誕生し、今や世界中の子供たちに愛されている
「長くつ下のピッピ」の作者、リンドグレーンは子供の豊かな感性の育成が
世界に平和をもたらすと訴えました。それぞれの国の画家たちが挿絵を
描いていますが、桜井誠さんの絵が一番馴染みやすいように感じました。

P1040914bg

常設展の方ではかつて世田谷で暮らしたことのある作家たちの当時の様子や
作品が展示され、興味深く鑑賞できました。
お庭の様子を館内の窓越しから撮ってみました。ゆったりとした空間が心地よいですね

P1040895bg

鯉の泳ぐ姿に涼しさを感じますね~

P10409012bg

カキツバタが満開でした!

P1040900bg

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

梅雨明けを待たずに猛暑が押し寄せ、お庭のお花たちは暑さに耐えながら
涼しい風を求めているようです。

その点、ビッケは比較的暑さに強いので元気にしていて羨ましいです!

次回の登場までお待ち下さいね~

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »