« 自然とともに | トップページ | 春のお花の共演♪4~5月 »

2011年5月 5日 (木)

春の美術館めぐり

art3月上旬まだ寒い季節、高尾山の麓にある『トリックアート美術館』へ
行ってみました。高尾山口駅を下車すると目の前にあります。

P1040399bg

チケットを購入すると、下の栞の様なものとコインを渡されます。
そして鑑賞の仕方を説明してくれます。実はこの栞の様なもので片目を
隠してアート鑑賞すると・・・ユニークな現象を体験できるのです。
また、だまし絵に触れたり撮影することによって、不思議な現象を
確認することができます。

P1040421bg

P1040394bg

触れたら柔らかそうな毛並み・・・本物の猫ちゃんに見えませんか?
実は平面に描かれた絵なんです!!

P1040395bg

お土産売り場でみつけたガラス細工の猫ちゃん~♡ もちろん購入しました!

P1040677bg

最初に渡されたコインはワンドリンクと交換できます。
刺激的なアートの世界を体験したあとは、ホッとココアでひと息ついて
ビッケの待つ我が家へ~♪

art『鹿島茂コレクションⅠ グランヴィル 19世紀フランス幻想版画』
池袋から西武線に乗り、中村橋駅で下車し徒歩数分で到着
練馬区立美術館へ初めて行ってみました。
P1040440bg

大震災直後からしばらくの間休館を経ての再開、フランス文学者鹿島茂氏の
膨大なコレクションの一部が公開されていました。
フランスの版画家で、動物や昆虫を擬人化した風刺画を多く描いている
グランヴィルは、『不思議の国のアリス』のルイス・キャロルをはじめとする
様々な画家たちに多大な影響を与えたそうです。
どことなく優しい色合いの絵の中には巧みに風刺が施されていて
奥の深さに想像力をかきたてられました。

P1040439bg

art弥生美術館・竹久夢二美術館
明治・大正・昭和の挿絵画家の絵や資料を展示した弥生美術館の1階受付
および展示室から順に→2階展示室→3階展示室まで鑑賞後に2階へ戻り
渡り廊下を進んで竹久夢二美術館の2階展示室へ→1階展示室を鑑賞し
渡り廊下を通って1階受付および出口となっています。
美術館というより質素な住宅をうかがう建物は、夢二ゆかりの本郷、菊富士
ホテルを模したものだそうです。

P1040441bg

今回は夢二美術館の方では夢二の図案と装飾がテーマで、お洒落な
デザインに魅了されました。ただ、大好きな『黒船屋』の絵など、独特の
女性を描いた絵の展示が殆どなく、以前ブログ友のナチュレさんが訪れた
伊香保や日光の竹久夢二美術館まで足を運びたくなりました。

風情漂う建物の窓越しにはミニ庭園が、更に向こうに見えるレンガの建物は
もちろん東京大学です!!

P1040425bg

美術館へは地下鉄南北線東大前駅下車、こちらの東京大学農学部正門の
前を通って徒歩7分です。

P1040424bg

artフェルメール≪地理学者≫とオランダ・フランドル絵画展
Bunkamura ザ・ミュージアムへ行ってきました。
ドイツ・フランクフルトのシュテーデル美術館が改装のため、所蔵の作品が
日本で展示されています。特にオランダ絵画の巨匠フェルメールが描いた
男性単身の絵は2点のみで、そのうちの1点がこの『地理学者』だそうです。
レンブラント、ルーベンス、ヤン・ブリューゲルなどの名作も鑑賞できました。

P1040671

図録には一枚一枚の絵の情報がぎっしりと詰まっていて、鑑賞後に読むと
ますます興味がわいてきます~♪

P1040674bg

例のごとく、美術館入り口そばのセンターコートの巨大鉢にアレンジされた
寄せ植えをパチリ! ピンクのマーガレットがとてもお洒落でした~♡

Bg

憲法記念の日、どんより曇り空のもと、早起きして向かった先は上野!
公園口を降りると、警視庁の機動隊や厳重な警備。
某政党の女性党首の演説、対立する党の演説・・・大変賑やかでした~

P1040679bg

さて、国立西洋美術館に9時15分到着、ところが長蛇の列・・・に並び
9時半入館開始でようやく少しずつ前へ進み無事鑑賞したのは・・・

art『レンブラント 光の探求/闇の誘惑』

P1040678bg

光と影の巨匠レンブラントは油絵はもとより、版画の巨匠であったことを
初めて知りました。日本の和紙を使用した版画作品が多く展示され、
オートミール紙などと対比して展示されているのが面白かったです。
作品図録も充実した内容で、鑑賞後の理解を深めるのに最適な
価値ある一冊です。

P1040686bg

『イタリア風景の中の聖ヒエロニムス』
左側が和紙で右側がオートミール紙

P1040684bg

『東洋風の衣装をまとう自画像』
犬は17世紀に鴨狩りのために利用されたプードルで、貴族を象徴
しているそうです。

P1040685bg

いよいよ春の美術館めぐりも残すところあと1箇所となりました。
上野から赤坂見附へ移動、あまりの新緑の美しさに弁慶橋からシャッター!

P1040681bg

ホテルニューオータニのニューオータニ美術館開館20周年記念展第1弾

art 『ベルナール・ビュフェのまなざし フランスと日本』展

P1040689bg

直線的で黒い輪郭線が印象的な絵ですが、初期はモノクロームの作品が
多かったようです。
ポストカードがとてもお洒落なので、6枚購入しました♪
左:アナベル夫人、中央:百合の花、右:パレットのある自画像

Bg_2

晩年になるとモノトーンの画風から色彩豊かな表現へと変化し、
楽しさが溢れている感じが強まります。
左上:楽器、左下:チューリップのある静物、右:黄色と緑色の花瓶の花束

Bg_4

来日経験豊富なビュフェはタンチョウヅル、歌舞伎、大乃國力士など
日本の文化的要素を描いた作品も展示されていて、親しみを感じました。
静岡にはビュフェ美術館もあることが分かり、是非行ってみたくなりました~♡

ホテルから四ツ谷駅へ向かう途中、紀尾井ホール周辺にはヤマボウシが
新緑の美しさをアピールしていました。お花(実際にはガクです)はまだ
成長過程のようですね~

Bg_6

3月の大震災前から5月GWにかけて6箇所の美術館の貴重な作品を
鑑賞でき、とても心が満たされました。
大震災による放射能汚染と余震の問題が残る日本へは、今後海外からの
美術品の保全を考えた上で、貸出の中止や延期が相次いでいます。
早く安心できる日本社会を取り戻し、これからも日本に居ながらにして
世界の名品を楽しめることを切に願っています。

ビッケは地図を眺める地理学者をまねて新聞を読んでいるわけもなく
単に私が読んでいるのを邪魔しているだけです。日常茶飯事ですっ!!

P1040541bg

猫好きのひだまりっ子にぴったりのポストカードをいただきました。
チャーミングな猫ちゃんたち~♡ どちらも大切に飾りますね~♪

Bg_5

さて、お庭ではそろそろビオラが勢力を拡大し過ぎて次の出番の
お花たちに席を譲ろうとしています。
その前に、ビオラ畑のウェブアルバムを作ってみました。
こちらをご覧くださいね~♪

http://edit.photos.yahoo.co.jp/ph/neko10kurasu/slideshow?&.src=ph&.view=t&.dir=/7db9&.spd=n&.full=y&.thema=6&.tDisplay=y

|

« 自然とともに | トップページ | 春のお花の共演♪4~5月 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

コメント

今晩は~
沢山の作品と触れ合った美術館巡りあったようですね^^
ガラス細工の猫ちゃんや黒猫ちゃんのポストカード
ビッケちゃんとよく似ていますね^^*
可憐な寄せ植えも、とっても素敵~
そしてお庭のビオラ、素敵なアルバムに楽しさが満載♪~
我が家は5月に入ってすぐ抜いてしまいました^^;
これから初夏のお花が咲きだし、また違う雰囲気を
魅せてくれる事でしょう~^^そんな思いを楽しみに
又伺いますね~^^
ビッケちゃんも元気そうで嬉しいです♡~

投稿: ナチュレ | 2011年5月 9日 (月) 23時05分

heartナチュレさん、こんばんは~
いつも優しいコメントありがとうございます。
どこへ行っても猫グッズに目がいってしまいます^^;
ビオラは少しずつ整理し始めました。
お庭ではいろんなお花が咲き始め、だいぶ賑やかに
なっていますが、我が家のヒメウツギはまだ蕾もありません。
ナチュレさんのお庭には溢れるように咲いていて
羨ましいです。ピンクのも素敵~♡
シラーカンパニュラータも形がとても可愛い!(^^)!
今週は雨模様でお花の様子が気になりますが、
次から次へとお花のバトンタッチが楽しみですね~♪

投稿: ひだまりっ子 | 2011年5月10日 (火) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然とともに | トップページ | 春のお花の共演♪4~5月 »